Formula 1とFormula 2とGP2と。

iPhone 3Gのエントリが続いていましたのでF1関係のエントリは久々ですね。

現在のFormulaレースはF1を頂点としてGP2、Formula Nipponその下に各国のF3となっています。(さらに下のカテゴリーもあるがここでは割愛)

中でもGP2は旧国際F3000の流れを汲むF1直下のカテゴリであり、シリーズ開幕以来優秀なF1にドライバーを輩出しています。初代チャンピオンにニコ・ロズベルグ、2代目は現在McLarenで活躍するあのルイス・ハミルトン。さらに3代目チャンピオンのティモ・グロックも今季TOYOTA F1から参戦しています。

そんなF1直下のカテゴリに2009年からF2が復活されるようです。復活といっても数多くのF1ドライバーが参戦していたころのF2とは違い安価でシリーズに参戦できることを売りとしているようです。

FIA公式プレスリリースによれば1台あたりの1シーズンの参戦コストが20万ユーロと謳われています。(20万ユーロは約3300万円)

しかし、F1直下のカテゴリは現在GP2があるので前座レースとして開催することは難しそうです。F1の前座でレースができないのではあまり注目度も上がらず参戦チームを集めることができるのか疑問です。

どうやら政治的意図もあるようですが若手ドライバーにとってはF1への道が増えることはありがたいことなのかもしれません。

F2,GP2と競合?(F1通信)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック