iPhone ご契約にあたって

ここのところiPhone 3Gの話題ばかりですがこの部ログはiPhoneについてのブログではありませんよ。たまたまiPhone 3Gに関心が向いているだけです。PHS300にもちょっと興味ありますし。

さて今日はSoftBankショップに行ってきました。(仮)予約のiPhone 3Gを16GBモデルから8GBモデルに変更してもらいました。やっぱりストレージは8GBで十分なことと、iPhone 3G以降もきっと携帯電話を買うので無理して16GBモデルに手を伸ばす必要は無いかなと。

店員のおねーさんにその旨伝えて8GBモデルに変更してもらった後、参考にということで「iPhone ご契約にあたって」という文書をもらいました。

iPhone ご契約にあたって


要はケータイと違うから注意してね、ってことです。衝撃的なのは電話帳のコピーがMac OSに対応していないと書かれています。どうもCD-ROMで提供される電話帳コピーソフトがMacに対応してないようですが、Apple製品のiPhoneがMacで電話帳の移行ができないのはどうなんでしょうか。

iPhone 3Gの保障についてはSoftBankではなくAppleのサービスでの提供ということです。端末の交換についてはSoftBankショップで可能。無償交換の基準がAppleの基準ということらしい。

また、『iTunes Store』『Google Maps』『You Tube』の使用許諾の同意が必要とのこと。『iTunes Store』はアプリケーションの購入があるのでわかりますが『Google Maps』『You Tube』についても事前に同意が必要なのはよくわからないですね。

ご契約後、お客様自身のPCにてiTunesの情報登録をして頂くとiPhoneのすべての機能がご利用可能となります。


これは音楽再生機能のことを言ってるのでしょうか?iPhone 3Gの場合ショップでのアクティベーションがされると思われるので、ライブラリの同期とアプリケーションの購入のことだと思われます。

ところで、PCの対応環境の部分に62bit版Windows Vistaと書かれていますが…。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

iPhone予約のためソフトバンクショップへ
Excerpt: 今さらとは思いつつも、iPhone予約のためソフトバンクショップへ行ってきた。...
Weblog: ルピナス野郎
Tracked: 2008-07-05 02:35