iPhoneを充電する

iPhoneを使ってみて気がつくのは電池が一日持たないこと。ほかの携帯電話よりディスプレイが大きくてWiFiやGPSを使っていると朝家を出て夕方にはバッテリー残量は20%を切り家に着くまでにはバッテリー切れになってしまいます。iPhone持ちの人は出先での充電環境は必須です。

そこで普段出先で使っているKBC-E1での充電を試みたのですが、どうやらiPhoneのバッテリ残量がある程度減っていると充電できないようです。バッテリーが減ってから充電ができないと意味が無いです。

そこで今回新たにリチウムイオンタイプのmobile booster、KBC-L2Sを購入しました。TwitterでiPhone買った人は何人か購入しているみたいのなので動作については確認済み。

KBC-L2S 001


充電池タイプのものは1つしかUSB出力がありませんでしたが今回のKBC-L2Sは2つUSBポートを備えています。さらにAC電源での充電もできます。
KBC-L2S 002KBC-L2S 003


早速iPhoneと705NKを同時に充電してみました。両方ともちゃんと充電できてます。

KBC-L2S 005


これでiPhoneのバッテリーの心配はひとまず解消されました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック