ホットスポットをポケットの中へ

前のエントリケータイはそろそろ通話機能をなくすべきで各機器が3Gネットワークを介して通信できたらいいな、って書いたけれどこのところ流れはWLAN搭載。それならそれでPHS300を使って各機器からアップロードできる。たしかにこれは今の時点ではとても便利なんだけど、果たしてどれだけの人がPHS300を持ち歩くだろうか。PHS300はどうしても内蔵バッテリーだけではそれほど長く持たないので現在では外部バッテリーを常用している人が多いと思う。これではPHS300をたくさんのひとが使うには至らない。

そこで注目したのがCES2009に出展された、MiFi。

CES 2009:ポケットサイズの3G WiFiルータ MiFi - Engadget Japanese

PHS300よりも小型でさらに駆動時間も伸びている。これならMiFiをカバンなりポケットなりに入れておいてWLAN対応機器を使えばネットにアクセスできるので、撮った写真を即アップできる。

重要なのは小型で駆動時間が伸びたこと。駆動時間はプレスリリースで待ちうけ40時間、連続通信で4時間。名刺サイズのものなら持ってもいいと思う人が多いかも。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック