WiMAXとMobile WiMAX

今回UQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」のモニターになったので自分へのメモも兼ねてWiMAXについて改めて確認しようと思う。

そもそも「WiMAX」って?
「WiMAX」というのはWorldwide Interoperability for Microwave Accessの略でIEEE802.16として標準化仕様として承認された規格の愛称。高速無線ネットワーク規格であり、現在のDSLや光ファイバーのように加入者系通信網の末端部分を使用されることを考えられている。
 同じく無線ネットワークでいえば「IEEE802.11」、無線LANが思う浮かぶ。こちらはLAN「Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)」の略であり個人の宅内などの部分のネットワーク。「WiMAX」は現在の固定回線でのアクセスを無線に置き換えたものといえる。よって、これまでDSL回線や光ファイバーを引くことの出来なかった地域での固定無線ブロードバンドアクセスが可能になる。

「UQ WiMAX」はWiMAXじゃないの?
一方UQコミュニケーションズが展開する「UQ WiMAX」というのは「Mobiel WiMAX」と呼ばれる移動体通信向けの規格。IEEE802.16e-2005規格として策定されたもの。120km/hでの移動中でも通信可能で、現在の携帯電話網3Gと似たような使い方が予想される。
 つまり端末そのものや端末をPCに接続することで外出先でワイヤレスでのインターネット接続を実現する。まさしく今回の「UQ WiMAX」はPCに機器を接続するタイプ。無線LANよりも高速でありながら携帯電話と同程度の使い勝手が可能。「UQ WiMAX」は下り最大40Mbps上り最大10Mbpsをうたっている。現在の携帯電話網によるデータ通信サービスはHSDPAによる下り最大7.2Mbpsであることを考えるとはるかに高速といえる。もっとも、あくまで規格上の最大値であるけれども。

どちらも「WiMAX」と呼ばれることがあるので混同しやすいが両者は区別するものである。このBlogでもなるべくどちらか判断のつきやすいように表記しようと思う。もっとも「UQ WiMAX」の話が主となるので特に注意のない限り「Mobile WiMAX」のこと指すことになるだろう。
 今回の記事ではあくまで「WiMAX」の概要に触れたのみなので分かりにくい部分や説明が足らない部分があると思う。しかし、通信規格などについて書くことはこのBlogで主でないし、なによりほかのWEBサイトでもっとわかりやすく解説されているので詳しく知りたい人はそちらでどうぞ。この記事で言いたかったのは「WiMAX」と「Mobile WiMAX」は違うものだよということ。

[参考記事]
ケータイ用語の基礎知識 第222回:WiMAX とは
WiMAXとは何か――技術とアプリケーション - TechTargetジャパン
WiMAX - Wikipedia
UQ WiMAX | What's UQ WiMAX

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック