2009年03月29日

F1開幕戦でブラウンGPがワン・ツーフィニッシュ!![追記あり]

前回のF1のエントリがHONDAの撤退とブラウンGPの誕生でしたが、そのブラウンGPが開幕戦でやってくれた。土曜日の予選でフロント・ロー独占から今日日曜日の決勝でも見事なワン・ツーフィニッシュ。優勝したバトンは一度もトップを明け渡すことのない完全勝利。
2009年は大幅にレギュレーションが変更されたので早くから2009年マシンにリソースを裂いていたHONDAの努力がメルセデスのエンジンとブラウンGPによって優勝へとつながった形に。

 今年からスリックタイヤが復活したので昨年までの溝にマーカーを塗ったハード/ソフトタイヤの見分けが付きにくくなったかな。そのほか今年から導入されたKERSもどのタイミングで使用されているのか分かりにくく観戦しているほうとしてはあまり恩恵が見て取りにくいような。フジテレビではKERSのことを「カーズ」と呼んでいたがそれだと「cars」と勘違いしやすいと思う。私は「ケーイーアールエス」と呼んでいるけどチームではなんて呼んでいるのだろうか?

 私が応援するWilliamsは早々に中島一貴が単独クラッシュでリタイア。同僚のニコ・ロズベルグは予選からのポジションを落とすも7番手フィニッシュとポイント圏内でのゴールとなった。ニコについては1回目のピットストップでのタイムロスが悔やまれるところ。
またレースはフィニッシュ直前にそれまで2番手争いをしていたベッテルとクビサが接触して両者リタイア。この接触によりセーフティ・カーが入り結局そのままレース終了。これによってTOYOTAのヤルノ・トゥルーリが3位表彰台フィニッシュとなった。

 レギュレーション大幅変更となった今年はどこのチームがチャンピオンとなるのか予想しにくい。昨年のワールドチャンピオンであるハミルトン擁するMcLarenは2009年マシンはあまりよくないようだ。開幕戦の勢いをみるとブラウンGPの躍進も期待できるけど終盤まで開発が続けられるのかどうかが不安。その辺はフェラーリやBMWザウバーといった地力のあるチームのほうが有利か。
予想としてはドライバーズチャンピオンにクビサ、コンストラクターズもBMWザウバーが持って行くんではないかと思う。今回は終盤でまさかのリタイアだったクビサだけどマシンのポテンシャルは確実に優勝を重ねられるように見える。ブラウンGPはヨーロッパラウンドに戻ってもアドバンテージがあればチャンピオンも狙えるかな。終盤チャンピオン争いにフェラーリも絡んでくるんじゃなかろうか。ウィリアムズは開幕レースを見ると完全復活とはいかないような。

どこが優勝しようとも今年も興奮できるような面白いシーズンになるといいなと。

【追記1】
F1オーストラリアGPの結果について
トルゥーリに25秒のペナルティがありハミルトンが3位となったようです。しかし、これについてTOYOTAは抗議しているようで順位は暫定のようです。
【追記2】
TOYOTAが控訴を取りやめたため、3位はハミルトンで確定のようです。
【追記3】
ハミルトンはスチュワードに対して、「故意に誤解を生じさせる」証拠を提供したとして再びTOYOTAのトゥルーリが3位を取り戻した。
posted by じみニー at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック