イー・モバイルが5.8MbpsのHSUPAサービスを開始

イー・モバイルは4月17日より上り最大5.8MbpsのHSUPAサービスを開始する。また同日に対応端末「D23HW」も発売する。
3.5世代HSPA『EMモバイルブロードバンド』国内最速 送信最大5.8Mbpsサービスを一部地域で提供開始対応端末「D23HW」の販売も開始|イー・モバイル株式会社|企業情報

東名阪の主要ターミナル駅、空港等、公共性の高いエリアでまずサービスが提供される。なお、下りはこれまでと変わらず最大7.2Mbpsとなる。
イー・モバイルはこれによって国内最速HSPAを謳っていますがこれはやっぱりMobile WiMAXへの対抗なのかな。

でも5.8Mbpsの恩恵を受けられるのは限られたエリアなのでUQ WiMAXに対してのサービスエリアでのアドバンテージはあんまりないような。もっとも従来の1.4MbpsのサービスエリアについてはUQのそれよりは広いようだけど。モバイルインターネットを利用するのに重視するのは上りの速度よりも下りの速度だろう。イー・モバイルは下り最大7.2Mbpsとなっている。

イー・モバイルのデータ通信サービスは使ったことがないから実行速度がどのくらいなのかは分からないけど、それなりにユーザがいることを考えると実用的な速度なんだろうと思う。私がモニターとして使っているUQ WiMAXについては別の記事で実行速度について書いているけど速度については不満はない。

だんだんとモバイルインターネットを取り巻く環境がよくなってきているね。ユーザとしてはこれらをどう使っていくかを考えて行きたいな。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック