2009年05月20日

SoftBank2009年夏モデルを発表

docomoの2009年夏モデルの発表があった同日の午前中にはSoftBankの新機種発表会が行なわれた。今回はスマートフォンに関する発表は特に無し。しかし通信機能つきのフォトフレームやBluetooth腕時計などいくつか気になる発表があった。

 まずは通信機能つきのフォトフレーム、Photo Vision HW001。このデジタルフォトフレーム自体にメールアドレスが割り当てられそのアドレス宛てに写真を送信することでフォトフレームに写真が表示されるもの。月々980円の定額で利用することが出来る。目新しいものではないけれど携帯電話とフォトフレームで簡単に新しい写真を表示させることができるのはいいね。

 次にシチズン製のBluetooth腕時計、「アイバートM」。携帯電話とBluetooth接続することでメールや着信の通知や、メールの閲覧、カメラ機能のシャッターなどが切れる腕時計。Bluetooth腕時計は使えそうで使えないガジェットという認識がぬぐえないんだけど今回のモデルはソフトバンクやディズニー・モバイルのシャープ製端末(Bluetooth対応機種)に対応しているとのこと。これらの携帯電話と接続して利用する分にはとても有用なものとなるはずだ。ただし、独自のプロファイルによるもののようで汎用性がないのが残念。

これからの季節薄着でポケットが少なくなるから腕時計からメールの確認ができるのは結構重宝すると思う。携帯電話はカバンの中に入れておいて、メールを腕時計で確認、電話はBTヘッドセットで受けれるようにしておけばカバンから携帯電話を取り出すことなくある程度の操作を簡潔させることが出来る。メールも本文は確認できなくても送信者と件名が確認できれば充分だし、なんとか汎用のプロファイルで実現されないものかなあ。

最後はソフトバンクの通信モジュールを搭載したLenovo製のネットブック。「IdeaPad S10e」がベースモデル。内蔵する通信モジュールは2GHz帯のソフトバンク用。データ通信料は定額ではなく、従量制のデータバリューパックが適用されるらしい・・・。うーん、従量制というのはどういう人を購入者として想定しているのか図りかねる。今時Eメールの確認だけなら携帯電話で充分だしね。

他にもファッションブランド「EMPRIO ARMANI」とのコラボレーションモデルや太陽電池で発電できるソーラーパネル搭載の防水端末なんかも発表された。コラボレーションモデルのほうには興味ないけどソーラパネル搭載にはちょっと興味ある。10分間の太陽光充電で通話1分、2時間程度の待受が可能という。なお室内照明での充電はほぼ不可能で太陽光による充電が可能ということらしい。製品として発表されたからには実用的なレベルにまで持ってきたということなんだろうけど、携帯電話を日にかざしながら充電するくらいならeneloopのモバイルブースター持ち歩けばいいんじゃないかな。
posted by じみニー at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Cellphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119872892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック