iPhone OS3.0の気になる新機能

前回iPhone OS3.0のBluetooth機能について書いたけど、今回はボイスメモと横向きキーボードについて。ボイスメモは新たに提供された純正app。横向キーボードもMailやメモなどの純正appが対応した。
 まずはボイスメモから。起動するとやけに威圧感を感じるマイクの画が現われる。

ボイスメモ app

使い方は簡単で左の赤い録音ボタンをタップで録音開始。もう一度タップで録音一時停止。右側の停止ボタンで録音終了。これだけ。録音したボイスメモはMailやMMSで送信できる。実際にMMSでボイスメールを送受信してみたけど結構使えるし、おもしろいかも。留守番電話感覚で使うのもいいかもしれない。

 つづいて横向きでのキーボード。これはサードパーティ製appでは使えるものもあったけど今回のアップデートでApple純正appにも対応した。もっともテンキーでのフリック入力の場合は横向きにすると若干入力しづらくなる。やはり横向きで使うならQWERTYキーボードだね。普段は英語入力のQWERTYキーボードを有効にしてあるのでユーザ名やパスワードを入力するときに使ってる。テンキーでのアルファベットの配置っていまいち覚えてないのでササっと入力できない。QWERTY配列のほうが配置がわかるので指が勝手に動く。でもこれベッドなんかで横になったときに意図せず表示も横向きに変わってしまうのはちょっと不便。このあたりは横向き表示のON/OFFが切り替えられるといいんだけどね。

Mailでの横向きキーボード


Mailを書くときも読むときも横画面のほうが文章全体の視認性があがるのでいい。今回のアップデートではキーボードだけでなく閲覧についても横向きに対応した。実際には横向きのキーボードの対応よりも横向きでの閲覧に対応してくれたのがうれしい。横書きの文章なんだからやっぱり横向きで閲覧したほうが読みやすい。これがSMSやMMSなんかだとまた違うんだけど、Eメールの場合は比較的長い文章のものが多いからね。

 最後に検索機能について。ホーム画面の1ページ目を表示した状態でホームボタンを押すか0ページ目へフリックすると検索のページが現われる。

iPhoneの検索機能


でもこの検索機能はあんまり使わないような気がする。さまざまな範囲を縦断して検索できるのはいいんだけど今のところ必要なのは連絡先とメールの検索くらいだからね。この二つについてはそれぞれのアプリケーションを立ち上げてそこから検索することのほうが多い。アプリケーションは検索するほど入れてないから直接起動したほうが速いしね。カレンダーの検索は便利に使う人もいるかもね。私は直近の予定を見ることが多いからカレンダーについての検索はそれほど必要ではないかな。

iPhone OS3.0での新機能について私が気になったものはこれくらいかな。あ、あとコピペがあるね。コピペ機能についてはまた別エントリで。
3.0になってからiPhone 3Gでは日本語入力がもっさりになってしまってやっぱり3GSじゃないと厳しいんじゃないかなんてはなしもあったけどおまじないによってサクサクの日本語入力を取り戻すことができるみたい。まだまだiPhone 3Gだって十分に戦えるのだよ。

この記事へのコメント

  • ハヅキチ

    3.0になって、横向きのqwertyキーボードが出ると聞いたときには激しく食指が動きました。
    やっぱり、両手でホールドして親指鍵打なら横の方が打ちやすいですよね。
    片手の時には縦の方が良いかもしれませんけどね。
    このあいだヤフオクでX02HTを落札しちゃったので、iPhoneはまだ先の話になりそうですが…
    2009年06月25日 08:19
  • jiminy

    >ハヅキチさん
    コメントありがとうございます。
    X02HTですかー。やっぱりハードキーでのQWERTYキーボードも魅力ですよね。iPhoneのようなソフトウェアキーでのQWERTYキーでは縦に持ったときにはどうしてもミスタイプが目立ってしまいますので。
    そうするとNOKIA E72なんかは非常に気になっていますよ。
    2009年06月25日 08:43

この記事へのトラックバック