2009年10月10日

携帯電話関連のCEATEC JAPAN 2009

CEATECネタが続きますがご容赦を。一応Mobile Life Blogを謳っている訳ですから携帯電話関連の展示について触れないわけには行かないでしょう。

20091009 TOUCH WOOD

docomoブースに参考出品されていた「TOUCH WOOD」。木のケータイ。ああ、バッテリは交換できないのかなーと思った。いや、木もいいかもしれないけど職人が作りこんだ某高級携帯電話を見ちゃうとね・・・。

20091009472

こちらはauのブースに参考出品されていた燃料電池内臓の携帯電話。商用化も未定でまだまだ分厚い。E71は薄い部類の端末だから比べるとその分厚さが際立つ。これでも2005年に試作されたものの半分程度の厚さになっているとのこと。ちなみに今回試作されたモデルは燃料電池の着脱が可能で従来のリチウムイオン電池と付け替えることも出来る。
資料によると重量182g、連続待ち受け時間は320時間となっていた。
いつもモバイルブースターが必要な身としては充電時間を待たずにサッと燃料を補給するだけなのはうれしいところ。リチウムイオン電池では同じ電池を複数持って交換するしかないからね。

20091009 Mobile WiMAX egg

Mobile WiMAXのモバイルWi-Fiゲートウェイ。いわゆるモバイルルータ。以前UQ WiMAXのモニター向け懇談会に行ったときはWiMAXの端末とルータが別々のものは見ていたけど、今回出品されていたのはその一体型。ジーンズのポケットにも入る大きさってことでこうして展示されていたんだろうけどきっとこれカイロがわりになるんじゃないの(笑)
MiFiといい、モバイルルータは一つ持っているとすごく便利だろうから常に気になっているんだよね。

変わったところではこんなものも。

20091009 maid03

私はdocomoの契約を持ってないのでiコンシェルっていうのは使ったことがない。操作に応じて色々話しかけてくれるみたい。これまでもそのキャラクタは好みに応じて変えられたらしいけど、今回はそのメッセージもキャラクタに沿った口調になるんだとか。これまでは執事をイメージしたヒツジということで執事とくれば次はメイドということらしい。

20091009 maid01

メイドの他にも妹とお兄ちゃんのキャラクタが用意されていた。キャラクタにあわせた口調のメッセージがこれまで用意されてなかったことに驚いたんけど。今回はキャッチーなキャラクタが用意されたからそれなりに取り上げられたのかな。
ラベル:CEATEC
posted by じみニー at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Cellphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック