Magic Mouseを使ってみる

iMac買いまして、毎日ポチポチ触ってますよ。Mac OSには使っていると新しい発見があるから面白い。なにより今まで15インチのノートPCだったから21.5インチが大きいこと大きいこと。この広い画面でギュンギュンとマウスポインタを操作しなければならない。
で、今回iMacと同じく新しくなったApple製のマウス、「Magic Mouse」を使ってみるよ。もともと机のスペースが狭いものだから普段はトラックボールマウスをを使っている。これだとトラックボールマウス自体はおいた場所から動かさないからね。しかし、せっかく今回iMacに付いてきたのだから少しMagic Mouseも使ってみることにした。Bluetoothマウスはモバイル用途のためにLogitechのV270を持っているから2つ目のBluetoothマウスになる。

Magic Mouse


さて、使ってみた感想はスクロールが気持ちいーの。慣性のついたスクロールがホイールを使わずに出来るのがいい。なにかに似てるなと思ってたけど、iPhoneでスクロールするのに似てるんだ。このスクロールは癖になるね。縦だけじゃなく、横スクロールも指を滑らせるだけでいい。スクロールについてはトラックボールマウスのカリカリスクロールするホイールよりも断然Magic Mouseのほうがいい。

Magic Mouseのキャッチーな新機能の一つ、スワイプ。2本の指をマウス上で左右に滑らすことでwebページの進むと戻るができる。これが慣れないのなんの。全然思った通りに機能してくれない。なによりスワイプするときに力の加減でついクリックしちゃう。それに2本の指でスワイプするので自然とマウスがホールドしづらくなる。なんだか不自然な感じでマウスを持ってスワイプするくらいならササっとブラウザの戻るボタン使った方が速い気が…。

マウスが持ちづらいのはデザインのせいも多分にあるんだよね。Logitechのマウスなんかと違って手で覆うような形にはなっていない。持つとかなり平たい印象だからこれまでのマウスのつもりで持つと違和感がある。つまむようにして持つ感じになるのかな。

毎日手にするものだから慣れてしまえばいいんだろうけど、ちょっと使ってみた感じではトラックボールマウスのほうがいいかなぁ。でもあのスクロールは捨てがたい…トラックボールマウスで慣性スクロールが使えたら最高なんだけど。Appleがトラックボールマウス作ってくれたりしないかな。しないわな。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック