CEATEC JAPAN 2010で見てきたIS03

CEATEC JAPANのKDDIブースではIS03のタッチ&トライコーナーが人気で行列が出来ていた。ちなみにSHARPのブースでもIS03を試すことが出来る。

KDDIブース

Android au with Googleの看板。「with Google」の文字はIS03筐体の背面にもプリントされている。「with Google」といえばdocomoのHT-03Aにも書かれていたが…。

IS03 by SHARP 01

画面最下部のAndroidでおなじみのメニュー、ホーム、クリア、検索のアイコンは物理キーではなくメモリ液晶に表示されたもの。これら4つのアイコン以外にも不在着信などの情報を表示することもできる。このあたりは好みが分れるところでタッチパネルキーで独立して設けられているほうがいいという人もいることだろう。

IS03はワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信などこれまでの日本の携帯電話に搭載されてきた機能を盛り込んでいる。Androidプラットフォームを利用した端末としてはこれまでなかったものだが方向性は正しいと思う。特にワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信などの機能はこれまでの日本の携帯電話同様の使い勝手を実現している。
IS03は全面タッチパネルケータイをAndroidで実現しており、これまでの各社プラットームで作られていたタッチパネルケータイよりもよっぽど使いやすく完成された端末に仕上がっているように感じられた。

2つ折りのケータイを作るのならAndroidを引っ張りださずともいいが、タッチパネル端末に関してはAndroidなどのタッチパネル操作を前提としたプラットフォームを利用したほうが良いと思う。

IS03 by SHARP 03

端末頭頂部から伸びるワンセグ用アンテナ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック