RUEDO Rboard for KeitaiをF-04Bで使う

RBK-2100BTJ F-04B

今回購入したRUEDOのRBK-2100BTJは日本語配列。普段使っているNOKIA端末は当然日本語配列には対応していない。そもそも、ハードウェアキーボードのついた携帯電話を買うことが多いのでBluetoothキーボードを使う機会がそれほどない。
しかし、キーボードユニットがいまいちなF-04Bを買ってからはBluetoothキーボードを使いたいと思うことが増えた。F-04Bは普段ディスプレイユニットだけ持ち歩いているので、文字入力はソフトウェアキーボードか手書き入力になる。簡単なメールの返信程度は手書き入力でしてきたけれど、ちょっと長く文章を書こうとは思えない。なによりソフトウェアキーボードや手書き入力では頭で文章を考えながら入力するのがスムーズに出来ない。入力しているうちに書きたかったことがなんだか分らなくなってしまうことも。
これは予測変換機能についても言える。自分が思っていたのと違う予測変換候補が出てくると思考の妨げになるし、ストレスになる。たしかに予測変換機能はPCのようにガシガシ入力出来ない携帯電話には便利だし、楽だ。一方で予測が外れたときのストレスを思うと決まった順序で単純に変換してくれるほうが良い。

というわけでF-04BでBluetoothキーボードを使いたいと思うと日本語配列のものを選ぶしかなかった。RKB-2100BTJはUSキー配列にも対応するようにキートップシールが付属している。一部が刻印通りに入力されないが一応英語配列キーボードとしても使える。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック