2011年12月29日

Logicool M570 ひと味ちがう快適性と操作性

Logicool M570

トラックボールを新調しました。これまではLogitechのTM-250を使っていました。その前はV270を使っていました。こちらはBluetooth接続のマウス。日本未発売でLogotechブランド。Logitech製品では今回初めてLogicoolブランドのものを購入。
マウスと違って本体を動かす必要のないトラックボールでは特にワイヤレスタイプの必要はないかなと思って有線タイプを使っていたのだけれども、現行の製品ではワイヤレスタイプのM570しかないので新調するにあたっては選択肢がありませんでした。本当はTM-250の予備をストックしておけば良かったのだけれどもそう思ったときにはすでに終息していて手に入らなかったのです。

で、今回M750にしてみての雑感を。
まず電源については単三電池1本だけども先述の通り動かす必要のないトラックボールでは重さは気になりません。クリック感はTM-250とほとんど変らない印象。ただし、中クリックだけはずいぶんとかたくなっています。これは使っているうちに慣れるだろうから許容範囲内。TM-250は単純に2クリックとホイールのみでしたが、M570は進む/戻るボタンが追加されている。マウスについては2クリック+ホイールのシンプルなものが好みなのです。でも2つ追加のボタンがあるくらいならいいかなと。しかし使ってみるとこれが思っていたのと逆の割り当てになっていました。

M570に手を置いて手前のボタンが「進む」で、奥のボタンが「戻る」だと思っていました。実際には手前のボタンが「戻る」で、奥のボタンが「進む」。これには慣れるまでしばらくかかりそうです。

欲を言えば、ワイヤレスタイプはBluetoothを採用して欲しかった。LogicoolとしてはUnifyingを推してるから難しいとは思うけれど。ちなみにボールは攻撃色じゃなくなりました。TM-250のボールは攻撃色。
ラベル:Logitech Logicool M570
posted by じみニー at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Mac・INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック