2012年06月16日

MacBook AirにWindows 7をインストール

MBAにWindows 7

MacBook Airを買ったので早速Windows 7をインストールします。iMacにWindows 7を入れていたときにはVMware Fusionを使っていましたが、今回はBootCampを使います。

DVDドライブ、USBメモリとWindows 7のパッケージを用意。
今回インストールすのWinodowsはWindows 7 Professional 64bit版。

最初にBoot CampアシスタントでWindows 7のドライバーなどをUSBメモリに保存。続いてWindowsをインストールするのに必要なパーティションを作成する。今回は256GB SSDを128GBずつに分割した。
パーティションを分割したら一旦再起動。DVDドライブを接続してWindows 7のディスクをセット。ここからはWindows 7のセットアッププログラムに沿って設定していく。インストールする場所はもちろんBOOTCAMPの表示があるパーティション。ドライブオプションをクリックしてフォーマットします。フォーマットが完了したらインストール。これでWindows 7がインストールされます。
この状態ではドライバがほとんどあたっていないので先程Windowsサポートウェアを保存したUSBメモリを挿してsetupファイルを実行します。Boot Campインストーラが起動するので“Apple Software Update for Windows”にチェックを入れてインストール。あとは再起動すれば晴れてWindows 7が使えます。

ちなみに起動時のOS選択方法はOptionキーを押しながら電源投入。するとHDDのアイコンが出るのでOS XでもWindows 7でもお好きなほうを。

これまでどうしてもWindowsが必要なときにはネットブックを使っていたのだけれど、それも厳しくなってきたので今時なWindowsマシンが欲かったのだ。手元にWindows機がなくて出来てなかったことがいくつかあったし。
posted by じみニー at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Mac・INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック