2013年01月05日

ATOMICのロッカースキーに試乗

今回のスキーでは珍しく新モデルの試乗をしてみました。今履いてる板はすでに5〜6シーズンは乗っています。カービングスキーの時代だったのが最近はロッカースキーというのがトレンドらしい。ATOMICの新モデルの試乗をやっていたのでロッカースキーなるものを試してみました。ちなみに今履いているのもATOMICのスキー。

今回試乗したのは「BLUESTER DEMO-A + NEOX TL12」と「BLUESTER DEMO-S + NEOX TL12」の2種類。どちらもオールラウンドモデルですがDEMO-Aがロングターンをメイン、DEMO-Sはショートターンをメインに振ったモデル。乗り比べてみるとたしかにそれぞれ得意なターンではお互いに一歩抜きん出ている感じ。オールラウンドといえど性格はきっちり出ています。

ロッカースキーとはなんぞやというのはいまいち分ってないのだけれど試乗するときに聞いた話ではカービングスキーに対してベントを少なくして思う通りのターンがしやすくなるということらしい…。実際に乗ってみて感じたのはカービングスキーの踏み込んでバンクの中を駆ける感じとは違いました。どちらかというとカービング以前のスキーと似たターンの入りがしやすくなった感じかな。それでいて雪面を離さずにキッチリ噛んでいるので高い速度域でも安定したターンが可能です。

トップの安定性はこれまでに体験したことがないような感じだったのでロッカースキー、欲くなっちゃいました。他のメーカのロッカスキーもこんな感じなのかな?

Atomic - We are skiing -
ラベル:SKI
posted by じみニー at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック