NOKIA Lumia 1020外観レビュー

早速Lumia 1020の外観を見ていきます。

NOKIA Lumia 1020 01

画面は768×1280の4.5インチ、アクティブマトリクス式有機EL。アクティブマトリクス式有機ELなところはNOKIA N9と同じですね。スリープ画面からはダブルタップで起きます。画面下にはバック、Windows、サーチのそれぞれのキーがあります。端末上部と下部はそれぞれ少し絞り込みがありますがそれでも幅71.4mmは私には片手で使うのが辛いサイズ。重さは158gと軽くなっています。N900の181gや808PVの169gからすると相当軽く感じます。

NOKIA Lumia 1020 02

背面にはPureViewカメラ。LEDとキセノンのフラッシュがあります。上の写真では見ずらいですが41MPの横にはCarl Zeissと思いきやPureView ZEISSとあります。左に見える2つの穴はQiカバー用の接点。

NOKIA Lumia 1020 03

端末上部には3.5mmイヤフォンジャックとSIMスロット。808PVのときのようにmicro HDMIやMHL対応のポートはありません。

NOKIA Lumia 1020 04

右側面。こちらは最近のNOKIAではお馴染の並び。右からボリューム、電源、カメラボタンです。

NOKIA Lumia 1020 05

下側にはmicro USBポートとスピーカー。左にあるのはストラップホールです。

NOKIA Lumia 1020 06

左側面はなにもなし。こうしてみるとカメラユニットは思ったより出っ張ってないです。808PVのときのように頭でっかちで重量バランスが上部に寄ってしまうこともないので808PVからの進化が伺えます。

NOKIA Lumia 1020 SIMスロット

SIMスロットはピンで引き出す方式です。

Untitled

最後になりましたが箱と同梱物を。イヤフォン、ACアダプター、USBケーブルの3点とシンプルな内容物です。

最後の箱の写真だけ1020で撮影していますが、808PVに比べて1020のほうが撮影しやすい印象。Nokia Pro Camのおかげでしょうか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック