2015年07月05日

TOHKBD、来たる

Jolla with TOHKBD & NOKIA N900

昨年の12月にKickstarterで出資を募り、あっという間に目標金額に到達したTOHKBDがついに届きました。TOHKBDはJolla用のハードウェアキーボードです。色やキー配列等は発注の際に選択が出来るようになっていました。私はTOH部分とキーボード部分を両方とも赤色、キーボードの裏面はカーボン調に、キー配列はQWERTY配列で発注しています。

Jolla TOHKBD!

緩衝材に包まれてTOHKBDが入っているのみでマニュアル等の紙類は一切ありません。

WP_20150705_15_27_55_Pro

TOHの部分とキーボードの部分とで構成されています。TOHとキーボードの部分には接点があります。この接点でキーボードの接続を認識しています。キーボードを引き出した状態にするとJolla側で「キーボードが接続されました」となり、キーボードをしまうと「キーボードが取り外されました」と状態が変わります。

WP_20150705_15_28_07_Pro

裏面のカーボン調はこんな感じです。TOHを装着すると、「TOHKBD2」というAmbienceとTOHKBD2というアプリがインストールされます。キーボードとしてはTOHを装着して、上記のアプリをインストールするだけで使えるようになります。

キーボードを付けたJollaの厚みはN900よりも微妙に薄くなります。今のところTOHKBDで日本語は入力出来ません。ですが、ハードウェアキーボードマシンとして長らく重宝していたN900からJollaへ移行出来るやもしれません。他のOSでもハードウェアキーボードを搭載した端末が減っている中、TOHKBDのおかげでJollaが貴重なキーボード端末に変身しました。

TOHKBD − The Other Half Keyboard for your Jolla by Dirk − Kickstarter
タグ:JOLLA
posted by じみニー at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Jolla/Sailfish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421841503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック