Parallels Desktop 11 for MacでWindows 10を導入 [2015.9.11追記]

Windows 10 Pro

MacBook AirにはbootcampでWindows 7を使っています。今回はそろそろWindows 10をさわってみようかなと思いiMacにParallels Desktop 11 for Macを試してみました。以前にVMware Fusionを使ったことがありましたが、バージョンが古く最新版へのアップグレードライセンス対象からはとっくに漏れているので、今回はParallelsを試してみます。

仮想マシンとして導入するOSはWindows 7 Professional 64bit DSP版。MacBook Airにbootcampで入れているのとは別に新たに購入。これをWindows 10 Professionalへアップグレードしました。Parallelsはトライアル版なので後で製品版にアップグレードしないと。

[2015.9.11追記]
9/6に製品版をアクティベートしました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック