2016年04月07日

Jolla Tablet外観レビュー

というわけでJolla Tablet(っぽいもの)の外観レビューです。

Jolla Tablet 付属品

まずは同梱物から。「っぽいもの」のわりには箱もしっかりしていてマニュアルも付属しています。付属物はマニュアル類とmicroUSBケーブルだけなシンプルなパッケージです。
ここまで揃っていると実質Jolla Tabletですね。

WP_20160407_17_28_23_Rich

起動画面にはjollaのロゴに加えてintel insideのロゴがあります。CPUはAtom Z3735Fなのです。

簡単にスペックを書くと
7.85inch(1536×2048pix)IPS LCD
Intel Atom Z3735F (Quad-core 1.8 GHz)
32GB Internal memory
5MP Camera
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooh 3.0

WP_20160407_17_30_21_Rich (2)

右側面にはイヤフォンジャック、ボリュームキー、電源キーが配置されています。スリープからはスクリーンのダブルタップで復帰出来ますし、スリープさせるときもスクリーン外上部からスワイプでスリープさせられるので、電源キーは最初に電源を入れる時以外は使わずともOK。

WP_20160407_17_30_42_Rich

右側面の下部にはjollaのロゴがあります。

WP_20160407_17_31_01_Rich

左側面にはmicro USBポートとmicro SDスロットが配置されています。micro SDスロットはトレイなどはなく直接micro SDカードを差し込むタイプです。背面に見えるのはカメラユニット。

Jolla Tablet 背面

背面にはカメラとスピーカーが配置。スピーカーは下部側に配置されています。ちなみに背面に記載されているモデルナンバーはJT-1501

バッテリーは交換出来ないタイプなので背面の蓋は開きません。写真には写っていませんが2MPのインカメラもあります。

Jolla Tablet & Phone

Jolla Phoneと並べるとambienceの鶴が親子のようです。
posted by じみニー at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Jolla/Sailfish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック