2016年07月16日

Kairos Watchレビュー

Kairos Watchのファームウェアバージョンは到着したときはV.1.4でしたが、現在の最新版はV.1.8です。アップデートはペアリングしたスマートフォン経由で行います。スマートフォン向けのアプリはAndroid, Windows 10 MobileそれにiOS版がそれぞれあります。

Kairos Watch - Google Play の Android アプリ
Kairos Watchを App Store で
Kairos Watch – Microsoft ストアの Windows アプリ

スマートフォンに来た通知をバイブレーションで知らせてくれます。表示はこんな感じ。日本語にも対応すると謳っていますが今のところ日本語は表示されません。。
Kairos Watchの通知表示


透過型液晶はタッチパネル搭載。操作はタッチパネルで行います。

Kairos Watch Notifications

Kairos Watch Settings

メニューはNotificationsとSettingsの2つ。Nobificationsはタップすると通知を表示します。Settings以下にはいくつかの項目があります。


BluetoothのON/OFF,ペアリングデバイスの確認はもちろん、通知のON/OFF、明さの設定やバイブレーダーのON/OFFなどの設定が出来ます。

まだKairos Watchをつけてみて1週間も経っていませんが、朝6時頃から使用を開始して20時頃に帰宅した状態でバッテリー残量が20〜30%残っているので毎日充電すれば問題なさそうです。時計のほうは自動巻なので毎日腕につけて生活していればぜんまいが切れることもないでしょう。

やはりチラっと視線をやるだけで通知が確認出来るのは便利です。今のところ日本語表示がされないので内容全ては確認出来ませんが、メールアドレスやTwitter IDはアルファベットなので誰からのメッセージかは確認出来ますね。普通の時計よりは大きくて重いですが、男性がつける分には異様に目立つほどではないでしょう。重さは慣れましょう、慣れます。

今は通知機能しかありませんが、時計には各種センサーが組み込まれている(はず)なので機能追加があればいいな。音楽再生のコントロールが出来るといいんですが。
posted by じみニー at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック