2016年10月17日

WEC 2016 Rd.7 6HOURS OF FUJIに行ってきました(決勝)

PA160785

WEC Fujiにしてはめずらしく予選日に引続き、決勝日も快晴となりました。

PA160813

スタート前セレモニーにはヨサコイ踊りも披露され、大きな旗を振るダイナミックな動きはWECのテレビクルーも熱心に撮影していました。

PA160962

今年から参戦し、Le Mansクラス優勝を果したフォードGTは、Cピラー(?)がブリッジのように渡されておりまさにLe Mansで勝つために作られたレーシングカー然としたボディワークは興味深いものでした。今回のFujiでもその実力を発揮しクラス1-2フィニッシュを果しています。

PA160884

レースは終始P.PスタートのAudi 8号車がリードする展開が続きましたが残り1時間となったところからトップ3台それぞれの最後のピットストップの時間が異なり最後まで目の離せない展開となりました。最終的には給油のみでタイヤ交換をせずに2スティント目に挑んだ小林可夢偉選手の駆るTOYOTA 6号車がAudi 8号車の猛追を振り切りトップチェッカーを受けました。富士はWECでAudiが勝っていない唯一のサーキットですが、今回も勝てませんでした。2017シーズンをもってAudiのWEC撤退の噂もありますが…。

PA161800

TOYOTAは今シーズン初優勝、それも地元富士で優勝とあって表彰式では可夢偉コールが起こる程の盛り上りでした。

PA161816

今回は7号車がマシントラブルで早々にリタイアしてしまいましたがダブルイエローやバーチャルセーフティカーの出番はなく244ラップレーシングスピードで駆け抜けた見応えのあるレースでした。
今年も6時間お疲れ様でした。

また来年。

WECの写真はFlickrのアルバムにまとめてあります。
WEC FSW | Flickr
ラベル:WEC
posted by じみニー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック