スーパー耐久 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レースに行って来ました(レース編)

P6020303

今回のレース一番の驚きはST-Zクラスにただ1台エントリーした51号車DIAMANGO Caymanのドライバー石原将光選手。なんと78歳。最年少はおそらくST-3クラスに参戦している62号車DENSO Le Beausset RC350に乗る宮田莉朋選手18歳。18歳から78歳までが同じレースを走ることはまずないでしょう。幅広いクラスが走るスーパー耐久ならではの光景です。

レーススタート早々に接触されドアがヘコんでいる59号車DAMD MOTUL ED WRX STI
このあと市販のWRXからドアを交換して走り続けました。
P6020718


ST-3クラス優勝の68号車埼玉トヨペット Green Brave GR SPORT マークXとST-5クラス優勝の88号車村上モータースMAZDA ロードスター
マークXはこの車両で嬉しい初優勝。
P6020733


トラブルでリタイアしてしまいましたが、チューニングカーっぽさが溢れ出る58号車ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP、いい味出してます。
P6032175


総合優勝は99号車Y's distraction GTNET GT-R
WP_20180603_15_00_33_Pro


レースの模様は場内FMと富士山GoGo FMが常に実況中継してくれるのと、定期的にハイライトが流れるので仮眠中に起ったアクシデントや順位変動も現場に居ながら把握出来ます。特に場内FMが聴きづらいエリアでは富士山GoGo FMの中継が非常に役立ちました。

その他の写真はFlickrにまとめてあります。
スーパー耐久 | Flickr

Created with flickr slideshow.

この記事へのコメント