アンカーマウントとクイックシュープレートの付け替えが面倒なはなし

PL-S-2 & DC-38Q

普段使っているE-M5 Mk2ではPeak Designのストラップを三脚穴にアンカーマウントを取り付けて肩掛けにしています。アンカーマウントを使用すると三脚に取り付けたいときにいちいちアンカーマウントを取り外してクイックシュープレートに付け替える手間があります。

peak design Standard plate

アンカーをつけられるクイックシュープレートがあればいいなあと思い、スタンダードプレートを購入しました。

MENGS DC-38Q

三脚はSLIK スプリント PRO IIを使っているので三脚側にアルカスイス互換のクイックリリースクランプも必要となるのでMENGS DC-38Qをあわせて購入しました。

PL-S-2 & DC-38Q

2つを取り付けるとこんな感じ。アンカーをつけても干渉せずにDC-38Qに取り付けられます。

DC-38Q on SLIK

三脚に取り付けるとこんな感じ。DC-38Qを乗せた分だけ一段高くなりますが問題なし。
これでアンカープレートとクイックシュープレートをいちいち付け替える必要がなくなったので便利になりました。

この記事へのコメント