2015年08月29日

freetel Simple使ってみた

freetel Simple 待受け画面

早速freetel SimpleにSIMを挿して使ってみました。といっても出来ることは通話とSMSのみなのでやることもないのですが。とりあえず発着信とSMSの送受信は問題なく出来ることを確認しました。キーロックの機能はありますが、キーコンビネーションではなくセンターキーの長押しなのでポケットの中でロックが解除されちゃいそうです。

なお、電話帳には読み仮名でのソート機能がありません。とはいえ私の電話帳は元々日本語でソート出来なかった(そもそも日本語で使うことを想定していない)NOKIA端末で使うために名前の先頭にアルファベットをつけてあるのでこれについては問題ありませんでした。アルファベットではソートされます。

コンタクトリスト

freetel SImpleではスクリーンショットが撮れないので画像はWindows Phoneのコンタクトリスト。名前は一部加工してあります。
posted by じみニー at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

freetel Simple外観レビュー

freetel Simple 同梱物

freetel Simpleの外観をお届けします。開封すると本体、バッテリー、microUSBケーブルとUSB-ACアダプターに加えてマニュアルと保証書が同梱されています。

freetel SImple 正面

正面から。小型のストレート10キー端末としてはスタンダードなキーが配置されています。電源ボタンは終話キーです。

freetel SImple 背面

背面は「Simple」の文字とスピーカのみ。カメラはありません。

freetel SImple 上部

頭頂部にはストラップホールと3.5mmイヤフォンジャックがあります。イヤフォンじゃっくにはカバーがついています。

freetel Simple 右側面

右側面は充電用のmicro USBポートがあります。こちらもカバーがついていますが、若干緩いです。

freetel SImple 左側面

左側面にはなにもありません。ちなみに縁取っている銀色の部分は指紋が目立ちやすいです。

freetel SImple 下部

下部にはマイクがあるのみです。バッテリーカバーの部分には握りやすいように角度がついるため、端末が自立しません。自立しない端末は(ry

ferrtel Simple SIMスロット

SIMスロットはmini SIMタイプで2つあります。左のスロットはGSMオンリー、右のスロットがW-CDMA/GSM対応です。SIMスロットの下にはmicroSDスロットがあります。スロットは跳ね上げ式ではなく金具は固定されているので、SIMは挿し込むだけです。

端末の名前の通り非常にシンプルです。前の記事でNM705iと並べましたが、見た目が同じストレート10キー端末でも細かい部分の出来については、やはり差があります。それでも大画面のタッチパネル端末ばかりのなかこうした小型のストレート10キーを送り出してくれたことには変わりなく、価格としても2台目、3台目として使うには十分だと思います。
posted by じみニー at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

freetel Simple、来たる

freetel Simple 箱

freetelのSimple購入しました。freetelのWebサイトでは初回入荷分は完売となっていたので発売日には手に入らないかなと思っていましたが、Yodobashi.comで予約注文したら発売日に届きました。

OI000076

800MHzに対応していて、小型のストレートキー端末。そう、NOKIA NM705iの後釜にピッタリなのです。通話とSMSが使えれば十分なのでカメラすらついていませんが、スペックとしては問題ありません。サイズもNM705iが105 × 46 × 15mm 約89g、freetel Simpleが102.6 × 45 × 14.4mm 約74gと非常に近いサイズです。

Windows Phoneが便利なので最近はNM705iなどの通話専用機の出番が減っていたのですが、シーンによってはやはりハードウェアキーがあって800MHzに対応した端末が必要なときが少ないながらもあります。なによりNM705iのバッテリーも大分へたって来ていたのと、細ピンの充電プラグをNM705iのためだけに用意するのも面倒になって来たので。

また最近のLTE対応端末ですとXi契約のないFOMA SIMでは使えないので、3G(LTE非対応)端末はそこそこ貴重なので常用するかはともかくとして確保しておこうかなと。価格も5,980円(税別)なので多分訪ずれないであろうなにかの時のために持っておくだけでもいいかも。

FREETEL FT142F-simple 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)
posted by じみニー at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

LumiaにはコンタクトリストのSIMへのエクスポート機能がなかったはなし

本日発売日の発表があったFREETELのSimple、以前から言っていた通話とSMSのみで小型の端末というコンセプトなのでやはり気になっています。コンタクトリストの移行について、BluetoothやVcardでの移行の場合は1件ずつになるという記載がありまして。それは流石に面倒くさい。SIMカード経由だと50件ほどをいっぺんに移行出来るようです。

Simple 電話帳の作成方法 その1 新規作成 | freetel

−で、じゃあWindows PhoneのコンタクトリストをSIMカードにエクスポートして移行してやれば多少面倒だけれども1件ずつ移すよりは遥かにマシだなと。Lumia 630の設定やPeopleを見ていたんです。それがどこを探してもコンタクトリストをエクスポートする項目が見つかりません。おかしいなと。携帯電話なんだから当然あって然るべき機能じゃないかと。調べた限りだと本当にそうした項目がないらしい。

wp_ss_20150824_0001

じゃあWindows Phone 8.1 Upadate2のMADOSMAならどうだろうと。ありました。良かった。Update2で追加された機能なのかというとLumia With Windows Phone Update 2 User Guide(PDF)には記載がないので良く分かりません。

探してみるとWindows 10 Mobile Build 10136の記事にコンタクトリストのSIMへのエクスポート機能の追加の記載がありました。
Build 10136: Export to Sim, New Mobile & Sim, 3G only & WiFi toggle on / off options | NPU

NOKIAのLumiaなら携帯電話として大切な機能は当然あると思っていたのですが。。ともかくMADOSMAを使えばWindows PhoneからでもSIMへエクスポート出来るので目的は果せます。なんだ、買って良かったじゃないかMADOSMA。
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

MADOSMAファームウェアアップデート Ver.1.0.0.10

MADOSMA Ver.1.0.0.10

MADOSMAにアップデートが来ました。バージョンは1.0.0.10です。

[ MADOSMA ] ファームウェア リビジョン 1.0.0.10 ご案内

主な改善点は以下の通り。

・カメラのホワイトバランスの改善
・タッチパネル操作の改善
・電源オフ充電中、充電完了しても充電LEDが消灯しない不具合を修正
・PCとのSkypeビデオ時にフロントカメラが使用できない不具合を修正

また、「MapFan」がバンドルされるようになったらしいけれど、すでにストアからインストール済なので変わりなし。カメラはほとんど使ってないのでどう変わったのかは分からないかも。

アップデートは別件ですが、バッテリーの単体販売も始まっていたようです。といってもMADOSMAはとってもバッテリもつので今のところ必要性は感じません。それでもバッテリーが交換出来て、バッテリー自体も手に入るというのは安心です。
2015.07.30 ニュースリリース|Windows Phone「MADOSMA Q501」のサポートプランを拡充、「MADOSMA 安心パック」(延長保証サービス)、他を8月3日より提供開始|マウスコンピューター
ラベル:MADOSMA Windows Phone
posted by じみニー at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

折り畳み式キーボードTOR-BT02購入[2015/12/13 追記あり]

Bluetooth, USB両対応の折り畳みキーボード TOR-BT02

折り畳み式のキーボード、TOR-BT02を購入しました。これまでも折り畳み式のキーボードはREUDOのRBK-2100BTJを持っていました。RBK-2100BTJもそうですが、折り畳み式のキーボードはほとんどかBluetooth接続のタイプです。今回はUSB接続で使えるタイプが必要でしたので、探してみた結果TOR-BT02を見付けました。

キーボード:Bluetooth折りたたみ式キーボード [TOR-BT02]|PCサプライ関連|株式会社ミヨシ

ミヨシ TOR-BT02 and REUDO RBK-2100BTJ

REUDO RBK-2100BTJとの大きさの比較。若干TOR-BT02のが小さいです。

ミヨシ TOR-BT02 and RBK-2100BTJ キーボード比較

上:ミヨシ TOR-BT02は79キーJIS配列
下:REUDO RBK-2100BTJは65キーJIS配列

どちらもJIS配列ですが、キーはREUDO RBK-2100BTJのほうが大きいので打ち易いです。TOR-BT02は見た目よりも打鍵感が重たいです。また、TOR-BT02は[H]や[V]のキーの大きさが変則的なので慣れが必要ですね。
TOR-BT02はWindows、Mac、iOS、Android、PS3それぞれに最適化したファームが用意されているので、それぞれのデバイスに接続して使えます。

REUDO RBK-2100BTJはキーボードを開けると自動的に電源が入ったのですが、TOR-BT02は左端にある電源ボタンを押す必要があります。これがちょっと使い勝手が落ちるところですが、その上この電源ボタンがカタい。電源ボタン下にあるペアリングボタンも同様にカタいので押し辛いです。
[2015/12/13 追記]
Bluetooth接続の場合は電源ボタンを押す必要はなく、なにかキーを押すだけでスリープから復帰して接続されます。


今回TOR-BT02を購入した一番の理由は冒頭に書いた通り、USB接続が使えること。折り畳み式の現行品としてはほぼ唯一じゃないかと。USB接続の場合はもちろんキーボード自体の電源を入れずともUSBケーブルをつなぐだけでOK。キーボード側にはmicro USB端子が付いているのですが、これが建て付けが悪いというか、ちょっと差し込みづらいです。個体差かな。。。

折り畳み式スマホスタンド SST-08/BK

また、REUDO RBK-2100BTJはスマートフォンを立てられるスタンドが内蔵されていましたが、TOR-BT02は特に付属していません。別途スタンドSST-08/BKを購入しました。

スタンド:折りたたみ式スマホスタンド [SST-08]|タブレット関連|株式会社ミヨシ

スマートフォンにつなぐときはBluetooth接続、PCにつなぐときにはUSB接続と使い分けられ、USB接続で使用中にキー操作でBluetooth接続に切り替えられるのは地味に便利な気がします。
posted by じみニー at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

MADOSMAファームウェアアップデート Ver.1.0.0.8

MADOSMA Ver.1.0.0.8

MADOSMAにアップデートが来ました。バージョンは1.0.0.8です。

MADOSMA キーナビゲーション

今回のアップデートでキーナビゲーションが追加されバイブレーションの強さが変更出来るようになりました。この他、画面の明るさをより暗く出来るように調整されました。「低」の設定値を 33% から 15% に変更されています。

主な変更点はマウスコンピューターのページで案内されています。今後のアップデートの予定の項目も掲載されているので楽しみです。
[ MADOSMA ] ファームウェア リビジョン 1.0.0.8 ご案内

ラベル:MADOSMA Windows Phone
posted by じみニー at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

Windows Phone 8.1 UpdateでBluetooth PANに対応

wp_ss_20150623_0001

先日のアップデートでLumia 630と1020がWindows Phone 8.1 Updateになりました。
jimixi blog: NOKIA Lumia 630 Dual SIMアップデート Windows Phone 8.1 Update
jimixi blog: NOKIA Lumia 1020 アップデート Windows Phone 8.1 Update(いつのまにかDenim)

−−が、どこが変わったのかが良く分かりませんでした。

今日気がついたのはインターネット共有にBluetoothが選べるようになったこと。いわゆるBluetooth PANによるテザリングに対応しました。

Bluetooth PANによるテザリングは消費電力が低く、Wi-Fiでのテザリングほどスマートフォン側のバッテリーを喰わないのがありがたい。事前にペアリングしておけばスマートフォン側で操作せずともPC側からのみの操作で接続出来るのもマル。
ちなみに、Windows 8.1ではペアリングしたスマートフォンとはWi-FiによるテザリングもPC側からの操作のみで接続出来ます。
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

MADOSMAアップデート Windows Phone 8.1 Update 2

MADOSMA Windows Phone 8.1 Update 2

MADOSMAをセットアップすると早速アップデートが来ました。アップデートでWindows Phone 8.1 Update 2になりました。ちなみに今回のセットアップはLumia 1020のデータで復元しました。

wp_ss_20150620_0001

アップデート前のスクリーンショット。こちらはWindows Phone 8.1 Updateです。

OI000057

Windows Phone 8.1 Update 2になるとBluetoothキーボードに対応します。念願(?)のBluetoothキーボードからの入力です。
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MADOSMA外観レビュー

OI000055

発売日手に入れながら寝かしていたMADOSMAの外観をお届けします。今回購入したのは個人向けのホワイトモデル。法人向けには裏蓋がブラックのモデルが用意されています。

OI000034

箱ティッシュのようですが開けると端末がありその下にクイックマニュアル、バッテリー、USBケーブル、microSDHCカードが入っています。microSDHCはSanDisk製でした。そういえばUSB-ACアダプタはありませんでしたね。すでにいっぱいあるので必要ありませんが。

OI000050

ディスプレイにはバッテリーカバーの外し方などの注意が書かれたシートが貼られています。このシートの下に保護フィルムが貼られています。最近の端末では保護フィルム貼っていなかったのですが、最初から貼られているのであれば特段剥がす理由もありません。

OI000036

端末頭頂部はmicroUSB端子と3.5mmイヤフォンジャック。Lumiaは端末の下側にmicroUSB端子があるので逆ですね。

OI000039

右側面には電源キーのみ。反対側にボリュームキーがあるので両側から挟むように押すとうっかりスクリーンショットが撮れます。(スクリーンショットは電源キー+ボリューム上)

OI000038

下側はマイクがあるだけです。

OI000037

左側面はボリュームキー。Lumiaみたいにハードキーは右側面に集めてくれたら良かったのですが。

18945847766_4b5898fb61_o

バッテリーカバーを外したところ。モデル名はM54TJPになっています。SIMスロットとmicroSDスロットは跳ね上げ式です。SIMはmicroSIMですが、nanoSIMにアダプター噛ませたかたちでもスロットを破損する心配がないので安心です。SIMを押し込むタイプだとアダプタ噛ませたSIMが抜けなくなってスロットを破損することが…L-04C Oputimus chatで一度壊したことがあります。。

おまけ
MADOSMA買ったらおまけもらった

今回はヨドバシカメラで購入しましたが、おまけでフリクションボールペンとマイクロファイバー傘カバーをもらいました。傘カバーじゃなくって端末カバーだったら良かったのに。
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

MADOSMA、来たる

OI000032

この前予約したMADOSMAを発売日に無事ゲット出来ました。
4月に購入したXPERIA Z3 Compactに続いて2ヶ月振り今年2台目の端末です。

OI000033

Windows Phone自体はLumia 1020と630 Dual SIMと買ってるので目新しくありませんが、"心置き無く"使えるWindows Phoneとして持ってると色々便利かなって。
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

MADOSMA予約しました

▲マークなくても使えるWindows Phoneとして話題のMADOSMA予約して来ました。4月にXPERIA Z3 Compactを買ったので2ヶ月振り2台目の端末になる予定です。

800MHz帯に対応しているのでサーキットやスキーに行ったときなんかに重宝しそうです。NOKIA以外のWindows Phone買うのは初めてです。まだMicrosoftブランドになったLumiaも買ってないですし。

<窓>とあなたが、もっとつながる。 Windows OS搭載スマートフォン「MADOSMA」 | BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター
ラベル:Windows Phone
posted by じみニー at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

SLIK スプリント PRO II購入

SLIK スプリント PRO II GMN

三脚買いました。自由雲台のタイプです。なくても良いかと思っていたけれど、使ってみるとあったほうが便利ですね。三脚も持ち運びやすさを重視して、カメラと同じく軽量コンパクトなものをチョイス。

なくても困らないけど、あったほうが便利なものはあったほうがいいですね。

スプリント PRO II GMN - スリック株式会社
posted by じみニー at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

Kairos Watchのはなし

巷ではApple Watchで話題のスマートウォッチですが、Kairos Watchをご存知でしょうか。機械式時計に半透明ディスプレイを組み合わせたスマートウォッチで、Android, iOS, Windows Phoneに対応します。プレオーダーは遡ることちょうど1年ほど前の2014年5月に開始され、当初は昨年12月に出荷開始の見込でした。現在は2015年5月下旬から順次出荷開始の予定となっています。

自動巻きのスマートウォッチ「KAIROS」登場 日本語表示も可能 - ITmedia Mobile

−−で、1年前にオーダーしまして紆余曲折あった後ようやく出荷が見えて来たのでその顛末をまとめて見ました。

まず私がオーダーしたのが2014年5月25日。オーダーしたのはミヨタ製82S7を採用したHYBRID MSW115というモデル。販売価格$1,199のところプレオーダー価格で$549でした。オーダーすると「referral program」のお知らせも来ました。知り合いに紹介することで割引が受けられるものですが、良く分からないのでスルーしてました。

8〜9月頃には専用充電台がオプションとして紹介されています。また同じく9月には止むを得ずデザインの変更をすることになった旨のお知らせがありました。それまでのイメージビデオにあったデザインと比べるとお世辞のもかっこいいとは言えないもので不満の声も多かったようです。このデザインの変更には5つの候補デザインが提示され投票が行なわれ最終的なデザインが決定されました。

10月にKairosからメールが来ます。プレオーダーをした人向けにPre-order Survey Systemのページが設けられ、オーダーの詳細を選択出来るようになりました。その時の選択は以下のような感じです。

----------------------------------------
Color : chrome
Band Type: metal | Extra-Band Type: Not Selected
OS Type: windows | Display Type: toled
Accessories : not required
---------------------------------------

OSのWindowsはWindows Phoneのことです。アクセサリーは専用の充電台を追加でオーダーするかどうかの選択だったと思います。この時にバンドをメタルタイプのものを選んだので追加で$25かかっています。

11月にはKairos T-Bandというバンドの部分にLEDを組み込んだ製品が突如として発表されます。それまでKairos Watchの開発状況はFacebookや公式Blogで少しずつ更新されていましたがあまり進捗は良くなさそうだったところにT-Bandの発表だったので、嫌な予感がしました。

Kairos側はT-Bandの開発とKairos watchの開発は別でありスケジュールへの影響はないと主張していましたがKairos Watchのプレーオーダーした人へも機械式時計とT-Bandの組み合わせへの変更の受付がありました。

このとき私はT-Bandは選択せずに当初のオーダーのままとしました。

当初出荷予定だった12月を過ぎ、2015年1月になってデモ画面が表示されたプロトタイプの動画が発表され、出荷は2015年4月頃とアナウンスされました。また、当初の見込よりも文字盤の視認性が悪いため、文字盤を黒から白に変更するオプションが用意されました。

OI000010

1月には開発の遅れをお詫びしてブレスレットが届きました。届いたのは1月下旬ですが、同封の手紙には「Merry Christmas and Happy Holidays!」とありました。どうも韓国から香港を経由して日本へ届いたようです。この時点で嫌な予感がさらに大きくなります。

2月に白文字盤の選択するかどうかのメールが来ました。動画を見るとたしかに半透明ディスプレイを通しての文字盤の視認性はあまり良くなく、白い文字盤にすることで改善が見られました。しかし、白の文字盤だと時計自体が安っぽく見えることもあり私はこのオプションを選択せず黒の文字盤のままとしました。

3月にはMWCへ出展した様子がCNETで配信され、デモ画面が表示されたプロトタイプの様子を確認することが出来ました。ことときのデモ画面は天気や通知の画面が順に表示されるだけで操作する様子は確認出来ません。この間にも公式Facebookでは随時進捗のアップデートがありましたがその中でほとんどスマートウォッチのソフト面に関して言及がありません。もう嫌な予感しかしません。

4月下旬になって時計とバンドを連結する部分、ラグについてのメールが届きます。発表当初のようなスケルトンラグの金型に目処が立ったので変更するかどうかを選択してほしいということです。

但し、スケルトンラグに変更する場合は出荷が遅れ2015年8月下旬から9月頃の予定となるようです。ラグを変更しない場合は2015年5月下旬から6月末頃の出荷予定とのこと。流石にこれ以上は待ってられないのでスケルトンラグは選択しませんでした。

さて、あとはその5月下旬から6月末と言われている出荷を待つのみ。ちなみにこれまでの進捗の様子やプロトタイプの画像は公式Facebookから確認出来ます。
Kairos Watches | Facebook

果してどうなることやら。下の動画は2014年5月発表時のコンセプト動画です。届くのがコレジャナイウォッチにならないことを祈って。
Kairos | Make every moment an opportunity

ラベル:KAIROS
posted by じみニー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

yoga tablet 2外観レビュー

lenovo yoga tablet 2 with Bluetooth keyboard

というわけでLenovoのYOGA Tablet 2-10 with Windows買いました。LTE対応モデルです。

yoga tablet 2開封

早速箱を開けると本体とUSB-ACアダプター、micro USBケーブルが見えます。この本体の下にはもう一つ箱があってBluetoothキーボードとmicro USBケーブルが入っています。ちなみに本体用とキーボード用についてるケーブルは太さが違います。

yoga tablet 2 左側面

左側面シリンダー部の丸いのが電源スイッチです。micro USBポートとボリュームキーが並んでいます。

WP_20141220_13_57_25_Pro

右側面です。外部出力用のmicro HDMIポートとイヤフォンジャックがあります。

yoga tablet 2 裏面

本体裏面にはlenovoのロゴがあります。キーボードの裏面も同じようになっているのでキーボードをカバーとしてつけた状態では裏も表もlenovoロゴが主張しています。

yoga tablet 2 micro SIM&micro SDスロット

本体下部にはyoga tabletの特徴的なスタンドがあります。これを起すとその下にはmicro SDスロットとmicro SIMスロットが現れます。スロットは押し込みバネ式です。micro SDスロットはSDXCまで認識しました。

WP_20141220_13_58_03_Pro

Bluetoothキーボードは右側に充電用のmicro USBポートと電源スイッチがあります。キーボードはマグネットで本体とくっつきますがそれほど強くはないので持ち運ぶときは外れないよう注意が必要です。
posted by じみニー at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

Yoga tablet 2、来たる

lenovo yoga tablet 2

今年最後のデバイスSomething BIGことYoga tablet 2が来ました。10inchのSIMフリーバージョンです。実は自身で使うものとしては初のタブレットです。
posted by じみニー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

デジモノステーション SIM PERFECT BOOKにはSIMカードが付録

デジモノステーション SIM PERFECT BOOKのSIM

12月12日発売のデジモノステーション 1月号増刊の「SIM PERFECT BOOK」にはSIMカードが付いています。付録されているのは「IIJmioプリペイドパック for BIC SIM」非売品です。最近はMVNOの数も増えて、色々なプランが登場しているので自分にあったものを選ぶのが大変ですね。

使う端末が複数あるので個人的には1契約で3枚使えるIIJ mioが便利です。って書きながらペラペラ「SIM PERFECT BOOK」読んでたらOCNモバイルONEは1契約で5枚まで使えるんですね。知らなかった。早速勉強になりましたね。
posted by じみニー at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

八王子変態端末オフ2に参加してきた(後編)

電波暗室

セッションの後は電波暗室の公開にあたっての注意事項の説明がくにゅくにゅ(@kunukunu)さんから行なわれました。
電波暗室は外部の影響を受けず、内部で電波が反射しないので電波的には無限に広い空間とみなすことが出来る部屋のことで、自動車や飛行機がまるごと入るような大規模なものまであるらしいです。今回公開されたエイビット社の電波暗室は一度に3〜4人が入れる大きさのものでした。

電波暗室で Jollaパワーオン!

グループに分かれて見学し、電波暗室内部ではJollaの電源を入れ記念(?)撮影。後で気がついたけど、Jollaだとアンテナピクト写ってないから圏外になってるのが分からないですね…。電波暗室は土足厳禁です。また、写真に写っているトゲトゲしたものが電波吸収体で、見た目とは違い軟質ウレタンフォームが基材のためスポンジのようにやわらかいとのことでした。(触っちゃダメです。)

ずらりと並んだ端末群

電波暗室の見学の間にメイン会場では歓談タイム。恒例の端末を並べる催しが誰ともなしに始まりいつのまにやら懐しの端末から最新端末までズラリ。ギミックの凝った端末は見た目にも分かりやすい変態端末ですが、見た目はイマドキのスマートフォンでも知ってる人が見れば変態仕様のレアな端末もありそこここで話に花が咲いていました。

FZ-X1とXperia SXの大きさ比較

中でもPanasonicから発売されてりるタフパッドシリーズのFZ-X1は注目を集めていました。Xperia SXとの比較写真を撮らせてもらいました。SXの上にFZ-X1が落ちてきたらSXが一溜りもなさそうな筐体です。またバーコードリーダーの読み取りの速さもさすが業務用端末向けという快適レスポンスでビックリ。

最後は参加型企画「本当にあったモバ怖い話 全国大会」が行われました。Twitterで「#本当にあったモバ怖い話」のハッシュタグをつけたtweetであるあるネタから笑えない話まであり盛り上がりました。
最後はジャンケン大会で景品の争奪戦。その後は会場を移しての懇親会が行われましたが、私はスマートデバイス寄り合いに参加するため会場を後にしました。

会場を提供してくださったエイビットさん、技適プリンス(@gitekiprince)さん、河童丸 (@KPL_)さんを始めとしたスタッフの皆様ありがとうございました。

jimixi blog: 八王子変態端末オフ2に参加してきた(前編)
posted by じみニー at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八王子変態端末オフ2に参加してきた(前編)

電波暗室で Jolla パワーオン!

前回に続いて、11月22日にエイビットスクエアで開催さた八王子変態端末オフ2に参加して来ました。
八王子変態端末オフ2 : ATND

前回は勉強会の色が強かったですが、今回は参加型の企画や電波暗室の公開、歓談の時間が長く取られたのでまた違った趣きの会でした。

型があるから型破り

最初のセッションはモバイルプリンス (@mobileprince_PR)さんの「変態端末と併せて使いたい優等生端末」ではiPhoneやXperia, Galaxyなど一般受けして実用性のある端末(優等生)を1台持っていると道具として使い勝手が良いだけでなく世間からの見られ方がかわるといった話がありました。また、より変態端末への愛着がわくとも。
たしかに道具として使う実用性の高い端末が1台あることで、趣味として遊ぶ端末には日本語入力に難があったり、良く使うWebサービスのアプリがない実用性の低い端末を選ぶことが出来るわけですね。世間からの見方は対して変わらない気もしますが…。

続いてのセッションは2106bpm (@2106bpm)さんによる「私と変態端末」です。こちらはスライドの写真を撮り忘れてしまったのですが、変態端末とは「レアである(限定)」もしくは「なんかおかしい(色・形状・仕様)」端末と定義されていました。その要件を満たす端末としてIS01の変態っぷりを紹介されていました。最後に僕の考えた変態端末の紹介がありましたが、参加者で「僕の考えた最強の変態端末」を考えてみるのも面白いかもしれません。

PDA情報館

最後のセッションは週間アスキーのACCN(@ACCN)さんによる「週アスPDA振り返り」です。今スマートフォンでやっていることはすでにその頃のPDA端末で出来ることが多いことを当時の週間アスキーで取り上げたPDA端末の記事を交じえながら紹介されていました。iPAQのODMメーカーがhtcで後々云々〜の話は知らなかったので興味深かったです。

また、週間アスキー1000号記念で全1000号分の表紙を公開しているようです。
週刊アスキーが創刊〜25年、全1000号の表紙を無料公開 - 週アスPLUS

後編では電波暗室公開や参加型企画「本当にあったモバ怖い話」全国大会の模様をお届けします。

jimixi blog: 八王子変態端末オフ2に参加してきた(後編)
posted by じみニー at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

八王子変態端末オフに参加してきた

多画面端末の歴史と活用法

8月9日にエイビットスクエアで開催された八王子変態端末オフに参加して来ました。
八王子変態端末オフ - TwiPla

オフ会は参加者の自己紹介に始まり勉強会、懇談会というスケジュールでした。自己紹介ではみんな「一般人」であることを強調していたのが印象深かったです。勉強会は端末のはなしあり、基地局やネットワークの話あり、エイビットさんの製品紹介ありと盛り沢山でした。内容も濃いものが多くて勉強会は当初の予定よりも時間延長して行われました。

勉強会の様子はUstreamで配信され録画もあります。
Sony HDR-AS100Vから #八王子変態端末オフ を配信

懇親会では変態端末オフらしく変わった端末を見ることが出来ました。特に透過ディスプレイを採用したLenovo S800やXperia X5、電子ペーパーを採用したYotaPhoneは中々実機を見ることがなかったので貴重な機会でした。

エイビット

会場を提供してくださったエイビットさん、すくすくさんを始めとした幹事の皆様ありがとうございました。
posted by じみニー at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする