2018年10月20日

WEC 2018-2019 Rd.4 6HOURS OF FUJIに行ってきました(決勝)

PA142726

決勝日は朝から雨でしたがスタートが近づくにつれ徐々に天候が回復、中盤からは太陽が覗き各コーナーでの観戦にも困らない天気となりました。

PA142497

LMP2クラスでは50号車 LARBRE COMPETITIONから井原慶子選手がスポット参戦。

PA141467

LMGTE AMクラス61号車 CLEARWATER RACINGからWECにフル参戦してきた澤圭太選手は同僚のウェンサン・モク選手の引退に伴なっておそらくこれがWEC fujiラストラン。

PA141977

その大きさが話題のBMW M8 GTEは並走するLMP2が小さく見えるほど。

PA142076

第13コーナーからはグランドスタンドも望めて最近のお気に入りです。

PA141385

レースは前日幻のポールポジションに終わったTOYOTA 7号車がその鬱憤を晴らすかのようにトップチェッカー!8号車も続いての1-2フィニッシュです。

PA142711

また来年。

WECの写真はFlickrのアルバムにまとめてあります。
WEC FSW | Flickr
ラベル:WEC
posted by じみニー at 21:54| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

2018 SUPER GT Rd.5 Fuji GT 500 Milesに行って来ました

DSC_0040

5月のSGT 500km、6月のS耐24時間に続く富士のロングディスタンスレース、SUPER GT Rd.5 Fuji GT 500 Milesに行って来ました。

今回は出発が1時間ほど遅くなってしまったのでゲートオープン1時間後に到着。いつもの300Rにはすでにテントが並んでいました。ダンロップコーナー側に移動すればまだスペースは空いていそうでしたが、他の場所にもチャレンジしようと100Rを目指しました。

ここをキャンプ地とする。

今回のために購入したタープが役に立ちました。夏のレース観戦での日陰の確保は大事です。

DSC_0047

これまでSONYのICZ-R51で場内FMを聴いていましたが、聴取エリアが限られることもあって、観戦ポイントを移動しているときに聴けないことがありました。前回のS耐24時間では地元コミュニティFMの富士山GOGOエフエムが26時間場内放送を中継してくれたこともあり非常に重宝しました。このため今回はバッジラジオを購入しました。決勝レースの中継のみで予選日の中継はありませんが、USBで充電が出来てICZ-R51よりも断然小さいのでこれからも活躍してくれそうです。


昨年に引続き行われた「YOSHI MUROYA Special Flight @ FUJI SPEEDWAY Supported by LEXUS」を見ることが出来ました。以前に観戦したエアレースよりもかなり近くを飛んだので迫力はレースのそれ以上でした。

Audi e-tron Vision Gran Turismo

予選日の夕方にはブノワ・トレルイエ選手がドライビングするAudi e-tron Vision Gran Turismoのデモ走行がありました。エンジン音がしないため近付いて来ていることが分かりづらいので写真を撮るのに難儀しました。ゲームに登場するコンセプトカーで実際に走行可能なモデルを開発してしまうのには驚きました。

P8040075

レースのほうはというと予選日に38号車ZENT CERUMO LC500が大クラッシュを喫し心配されましたが、無事決勝レースに出走しました。煽りを食った34号車Modulo KENWOOD NSX GT3は全損となり決勝レース出走は叶いませんでした。

2018-08-07_12-38-01

決勝レースは500 Milesを4時間40分で駆け抜けるスピードレースでしたが、時間としてはWECの6時間よりも長く感じました。見事36号車au TOM'S LC500がトップチェッカー。2位に僚友1号車KeePer TOM'S LC500が続きTOM'Sの1-2フィニッシュを飾りました。
posted by じみニー at 15:02| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

スーパー耐久 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レースに行って来ました(レース編)

P6020303

今回のレース一番の驚きはST-Zクラスにただ1台エントリーした51号車DIAMANGO Caymanのドライバー石原将光選手。なんと78歳。最年少はおそらくST-3クラスに参戦している62号車DENSO Le Beausset RC350に乗る宮田莉朋選手18歳。18歳から78歳までが同じレースを走ることはまずないでしょう。幅広いクラスが走るスーパー耐久ならではの光景です。

レーススタート早々に接触されドアがヘコんでいる59号車DAMD MOTUL ED WRX STI
このあと市販のWRXからドアを交換して走り続けました。
P6020718


ST-3クラス優勝の68号車埼玉トヨペット Green Brave GR SPORT マークXとST-5クラス優勝の88号車村上モータースMAZDA ロードスター
マークXはこの車両で嬉しい初優勝。
P6020733


トラブルでリタイアしてしまいましたが、チューニングカーっぽさが溢れ出る58号車ウィンマックステインワコーズDC5☆KRP、いい味出してます。
P6032175


総合優勝は99号車Y's distraction GTNET GT-R
WP_20180603_15_00_33_Pro


レースの模様は場内FMと富士山GoGo FMが常に実況中継してくれるのと、定期的にハイライトが流れるので仮眠中に起ったアクシデントや順位変動も現場に居ながら把握出来ます。特に場内FMが聴きづらいエリアでは富士山GoGo FMの中継が非常に役立ちました。

その他の写真はFlickrにまとめてあります。
スーパー耐久 | Flickr

Created with flickr slideshow.

posted by じみニー at 21:53| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパー耐久 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レースに行って来ました(痛車編)

P6020370

今シーズンのスーパー耐久には痛車も参戦しています。今回はグリッドウォークに参加したので間近で写真を取ることが出来ました。

トップの写真は45号車プリズマ☆イリヤ RS3 LMS

WP_20180602_11_20_10_Rich (2)


P6031957


WP_20180602_13_44_09_Rich


こちらは168号車冴えカノレーシング WITH FCA

P6020401


P6020402


P6020414


P6020405


P6031935


公式プログラムでも紹介されています。
WP_20180602_12_52_09_Rich
posted by じみニー at 21:27| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパー耐久 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レースに行って来ました(キャンプ編)

WP_20180603_10_13_23_Pro

国内では10年振りの開催となった24時間レース、スーパー耐久 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レースに行って来ました。スーパー耐久シリーズは昨年の富士10時間レース以来2度目の観戦です。今回の24時間レースは開催発表からずっと楽しみにしてきたレースです。この24時間レースを観戦するためにキャンプ道具一式を揃えるくらいには楽しみにしておりました。

決勝日6/2(土)のゲートオープンは7:30とそれほど早くなかったので5時頃出発してP15臨時駐車場に誘導されます。ゲートオープンを待って入場。今回はギリギリP6を確保出来ました。早速この日のキャンプ地を決定。300Rに陣取りました。土日ともによく晴れたので、タープがあると日陰を確保出来て良かったかも知れません。

WP_20180602_09_01_01_Rich


24時間レースですので、サーキットのあらゆる観戦ポイントに移動してもまだまだレースは続きます。今回特に雰囲気が良かったのは100R。ここは芝生に思い思いの場所にテントが張られていますが、まったり観戦するには最適です。

WP_20180602_15_21_27_Rich


今回の24時間レースではテント一式が含まれるチケットも売り出されました。あらかじめ設営されたテントを利用できて、終了後にはそのテントをお持ち帰りできるというもの。どんな感じなのか見に行ってみましたが、同じテントが整然と並んでいるのは見慣れる光景でした…。

WP_20180603_10_16_28_Pro


レースも夜に突入すると花火が上がりました。テントを張った300Rからは良く見えました。花火が上がる下でレーシングカーが疾走するのはこれぞ24時間レースという感じがしてグッとクるものがありました。

P6021252


月曜日はお休みが取れず仕事ですので、徹夜して24時間観戦するのは難しかったので夜間は早々に仮眠を取ります。朝起きれば目の前でレースは続いていて、それを見ながら飲むコーヒーはいつもよりちょっぴりおいしい気がします。

WP_20180603_06_32_46_Pro


仮眠も含めて24時間ガッツリ堪能出来ました。参戦しているチームも観戦しているお客さんもそれぞれが楽しんでいる雰囲気があったので来年以降はより盛況なイベントになりそうです。

WP_20180603_16_14_51_Pro (2)
posted by じみニー at 20:57| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

2018 SUPER GT Rd.2 Fuji GT 500kmに行ってきました(決勝)

WP_20180504_08_36_29_Rich

決勝日は前日の雨がウソのような快晴に恵まれました。
テント泊は早朝に寒さで目が覚めましたが1枚羽織ればしのげる程度。テントは早々に撤収してこの日はピットウォークに並びます。

23号車のサインゲット!

ピットウォークでは23号車MOTUL AUTECH GT-Rの二人のサインをゲット。これがこの日優勝するとは露知らず。

WP_20180504_15_26_29_Rich

WP_20180504_16_29_20_Rich

スタートをピットビルBの屋上から観戦したあとはダンロップコーナー手前に移動。しばらくそこで観戦した後はレクサスコーナーまであがってグランドスタンドへ。途中シケインでは無念のリタイアとなったSUBARU BRZ R&D SPORTの姿が。いつもレース実況は79.7MHzの場内FMで聴いていますがこの場内FMは場所によっては感度が悪くて聴けません。今回は86.3MHzの富士山GoGo FMで聴いてみました。これが当たりでクリアに聴けたので決勝日はこちらで聴きたいと思います。6月のスーパー耐久も放送があるようなので期待しています。

WP_20180504_17_39_22_Rich

見事23号車MOTUL AUTECH GT-Rがトップチェッカーを受けました。

レース後はとも様とnow2000さんにご一緒させてもらってカップラーメンを食べながらばし駐車場で時間を潰します。時間をあけてサーキットを後にしましたが渋滞は続いており途中休憩をはさみながら2時頃無事帰宅しました。

-おまけ-
WP_20180503_11_15_57_Rich

今年は6月のスーパー耐久で24時間レースが復活したこともあってか「耐久の富士」と銘打ってPRしていました。耐久レースはいろんな観戦スポットでのんびり見られるのでレースが増えると嬉しいですね。
ラベル:SUPER GT
posted by じみニー at 17:02| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018 SUPER GT Rd.2 Fuji GT 500kmに行ってきました(予選)

SUPER GT決勝日のピットウォークはグリッドにも出られる

今年もチェカパスを購入しているのでその1発目SUPER GT Rd2. Fuji GT 500kmにやってきました。今年は6月にスーパー耐久24時間レースが控えていますので、その下見も兼ねて初のテント泊です。

予選日のゲートオープンを目指して夜中に出発。予定通りゲートオープンの4時半に到着しました。ゲートオープンを待つクルマの多さに30分早めた4時には場内に入れたようです。入場するとすでに駐車場にはたくさんのクルマがおりました。夜中から明け方までは嵐のように雨と風が強く、到着しましたがしばらくクルマの中で待機。仮眠を取って雨がやむのを待ちます。

WP_20180503_17_19_45_Rich

7時前頃に雨が弱くなってきたので様子を見に行ってみるとすでにいくつかのテントが張られていました。早速自分もテントを張って今晩の寝床を確保。

今回はとも様now2000さんと合流してご挨拶。

P5030246

雨はあがりましたが霧がはれずに午前中のフリープラクティスはディレイを重ねて最終的に中止に。午後には天候も回復したのでピットウォークは予定通り行われ、後に急遽儲けられたフリープラクティスと形式をノックアウト方式から計時方式に変更された予選が行われました。

この日はテントで1泊!
ラベル:SUPER GT
posted by じみニー at 17:00| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

AsLMS 2017 Rd.2 4H OF FUJIに行ってきました

PC030712

12月3日に富士スピードウェイで行われたアジアン・ル・マンシリーズ(AsLMS)に行ってきました。毎年観戦に行くWECは世界選手権ですが、AsLMSはその名のとおりアジア地域で行われるスポーツカーの耐久レースシリーズです。

これまでも行われていたのは知っていましたが、観戦は今年が始めてです。12月の富士スピードウェイというのも始めてで、しっかり防寒対策をして行きましたがそれでも日が傾いてくると寒くて寒くて。。

AsLMSはLMP1クラスはありませんが、LMP2クラスとLMP3クラスがあります。入場料のみでパドックフリーのためサーキットはどこか牧歌的な雰囲気。このくらいのレースはのんびり観戦するのがちょうどいいのです。

PC030728

12月とあって空気が澄んでいるので富士山もこのとおり。当日は寒さはありましたがよく晴れていました。

WP_20171203_07_33_41_Rich

朝の富士スピードウェイはいつもと違う空気に包まれていました。

PC030749

レースはジャッキー・チェンDCレーシングがLMP2,3クラスとも制覇する展開でしたがWEC以外でもLMPマシンのレースを見ることが出来て大満足でした。

それにしても今年はよく富士スピードウェイに来ています。
G.WのSUPER GTをはじめ、9月のS耐、同じく9月に行われたRacing Rotary Meeting、さらに翌月10月にはWEC、そして12月のAsLMSとじつに5回もレース観戦に行っています。このほかに予定があわずに行けなかったSUPER FORMULAと8月のSUPER GTもありました。

来年も予定が会えば観戦したいと思います。
posted by じみニー at 23:10| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

第45回東京モーターショー2017に行って来ました

WP_20171103_17_08_09_Rich

東京モーターショー2017に行って来ました。

最近はカタログはQRコードでになっちゃってるのね。

今回いくつかの海外メーカーは紙のパンフレットではなくQRコードのついたカードを配っていました。重い紙のパンフレットを持って帰らなくていいので楽ですが、リンク先は期間限定のサイトでしょうから後に残らないのはちょっと寂しいですね。

PB030303

TOYOTAブースで展示されていたのはGR HV SPORT concept。エアロトップの2シータースポーツカーです。シフトノブにエンジンスタートのスイッチが配置されているようですが、ステージで展示されていたので今回は見えず残念。

PB030540

MercedesブースではMercedes-AMG Project ONEが登場。F1同様のパワートレインを搭載しながら公道走行可能なモデルだとか。これは実際に見られて良かった。McLaren F1 GTRを思い出すようなモデルです。

PB030570

Citroënの派生ブランドDSブースではフランスらしいお洒落な演出。

WP_20171103_16_50_42_Rich

今回一番気になっていたのはIKEYA FORMULAに展示されていたIF-02RDS。どう見てもスポーツプロトタイプカーですがナンバーがついており公道走行が可能です。まだこの展示車両1台きりしかないのだとか。

今年は多くのブースでVRを使った体験コンテンツが用意されていました。

今年も東京モーターショー開催記念トミカを購入しました。今年はNDロードスターがラインナップにあったのですが、購入待機列に並んでいる間に完売になり買えず。。HONDA NSXを買って帰りました。

TOKYO MOTOR SHOW 2017 | Flickr
posted by じみニー at 23:07| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

WEC 2017 Rd.7 6HOURS OF FUJIに行ってきました

WP_20171015_17_06_43_Rich

今年で6年目となるFAI世界耐久選手権。その第7戦富士スピードウェイ6時間耐久レースに行って来ました。今年も予選・決勝の2日間の観戦です。昨年は快晴で色々な観戦ポイントをまわることが出来ました。今年はあいにく週末を通しての雨模様。グランドスタンドやピットビル屋上からの観戦がメインとなりました。

予選日は雨が降ってくる前にということで当初のスケジュールより30分前倒しで予選が行われました。

PA140156

WECの予選は20分間で2名のドライバーの平均タイムで争うため走るほうも慌しいですが、見ているほうも少し物足りません。特に今回はウェットコンディションのためタイヤの暖まりが悪いと中々タイム更新が出来ずに下位に沈んでしまうチームも見られました。

PA140240

今シーズンから伝統のリアエンジンを捨てミッドシップになったGTE Proの911 RSR。リアエンジンだった昨年型と比べて音が甲高くなっていました。私は2017年型の音のほうが好みです。

PA140227

コンペティションを求めてLMP2にクラスチェンジしたREBELLION RACING。#31はメキシコでLMP2クラス初優勝を挙げ、ここ富士でもクラス優勝を果します。

PA150266

LMP1クラスのPorscheは今季限りでのWEC撤退が決まっています。919 HYBRIDの走りも今年で見納めです。決勝は多数のセーフティーカーランのためその走りをあまり見られなかったのが残念なところです。

WEC 2017 霧のため赤旗中断(2回目)

決勝レースは前述の通り雨と霧のため多くのセーフティーカーランと2回の赤旗中断がありました。結局2回目の赤旗中断の後はそのままレース終了となり、赤旗が掲示された時点で先頭にいたTOYOTA #8が優勝、#7が2位に入りTOYOTAの1-2フィニッシュとなりました。ピットインのタイミングで順位が入れかわる耐久レース。Porsche #2も1回目の赤旗時点でトップに居るために1回目のピットを引き伸ばす作戦を取りましたが、1回目の赤旗は霧が晴れたためにレース再開となったためこの作戦は失敗に終わりました。正しい時に正しい場所にいる、天候に左右され何度も判断を迫られる難しいレースでした。

Thank you Porsche for the great fights.
We hope you will come Bakc one day to challenge us again.

【おまけ】
今回の横断幕大賞
PA140120

K-4GPの車両はとても軽自動車ベースには見えません。
PA150261


WEC FSW | Flickr
ラベル:WEC
posted by じみニー at 10:35| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

FIA Intercontinental Drifting Cupに行って来ました

P9300060

9月30日に行なわれたFIA Intercontinental Drifting Cup leg1に行って来ました。

FIA Intercontinental Drifting Cup001

FIA Intercontinental Drifting CupはFIA公認競技として行なわれる初のドリフオ競技です。しかもF1やWEC、WRC、WTCCと並ぶ世界選手権が懸けられています。世界選手権で180SXやチェイサーが参戦しているのがおもしろいところです。また欧州の自動車メーカーがこぞって電気自動車に舵を切り、参戦を表明しているFormula Eには世界選手権が懸からず古いガソリン車がタイヤを磨り減らすドリフト競技に世界選手権のタイトルが懸かるのも興味深いところです。

初めて観戦したドリフト競技でしたが観戦スタンドからはコース全域が見渡せたので十分に楽しめました。特に追走の決勝では1度の引き分けを挟んでOne more timeが行われ初開催から盛り上った内容となったと思います。参戦マシンも世界中から集ったにもかかわらずSILVIA S15や180SXなどの日本車が多く見られました。決勝は日本人が駆るGT-R同士の戦いとなりましたが、準決勝まで残ったロシア勢のレベルの高さが光りました。

決勝の様子はYoutubeにアップしました。そのほかの写真はFlickrにまとめてあります。



posted by じみニー at 19:17| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Racing Rotary Fan Meetingに行って来ました

MAZDA 757_01

9月24日富士スピードウェイで行われたRacing Rotary Fan Meetingに行って来ました。当日はGLOBAL MX-5 CUP JAPANの最終戦も行なわれていましたが、なんといっても目玉はMAZDA 757のデモラン。このRacing Rotaryのサウンドは生で聴かないと分からない良さがあります。いうなればオーロラのようなもの。

Le Mans優勝車の787Bは時折デモランを行なっていますが、こちらはなかなか全開での走行が出来ないようであの甲高い音が聴けないことが多いのです。今回の757はスイス人愛好家のエディ・タヴェリ氏が入手して整備された車両。全開でのRecing Rotaryサウンドが聴けたので大満足でした。

その他の当日の様子はFlickrにまとめてあります。

posted by じみニー at 18:44| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

スーパー耐久 第5戦 富士SUPER TECに行って来ました

P9032050

スーパー耐久 第5戦 富士SUPER TECに行って来ました。スーパー耐久は始めて観戦しましたが、シリーズが大切に育てられて来たんだなということがそこここから感じられるいいレースでした。今回は昨年より1時間長い10時間耐久レース。観戦するレースとしては最長です。来年は24時間レースの計画もあるようなので楽しみです。

P9032682

スーパー耐久は最上位のST-XクラスからST-5クラスまでクラス分けられています。最上位クラスはGT300でも走っているGT3マシンが競う一方で、一番下のST-5クラスはFITやVitz、NDロードスターが争うクラスとその差が大きくレース中の追い越しはどのコーナーでも見ることが出来ました。参戦車両が59台と多かったので、観戦していると途切れることなくマシンが目の前を駆け抜けて行きます。NISSAN GT-R GT3とNDロードスターが並んで走っているとNDロードスターの小ささが際立っていました。またNDロードスターは各コーナーのブレーキング時にハザードが点滅しており、市販車に近いマシンでレースしていることが分かる一幕です。

レースで印象に残ったシーンをいくつかメモ。

P9032467

スタート当初は真っ赤なカラーリングだったのが青赤の2色になったST-5 #50 LOVE DRIVE RACING ロードスター

ST-5 #50 LOVE DRIVE RACING ロードスターは序盤に接触でフロントを破損してしまいましたが2時間に及ぶピット作業の末、戦線に復帰。クラス最下位ながらも10時間を完走しました。修理を終えて出て来たときには交換したフロントパーツはマシンのカラーリングとは色違いだったため、いかにも耐久レース然とした格好が印象に残りました。

P9033096

3輪走行でチェッカーを受け運ばれて来たST-4 #93 SKR ENGINEERING ings S2000

ST-4 #93 SKR ENGINEERING ings S2000は終始クラストップを快走していましたが残り7分といったところで右フロントタイヤを失い3輪走行でピットに戻って来ました。チームはすぐにコースに復帰させチェッカーを受けましたが、応急処置だったために再び右フロントタイヤを失っていました。それでもクラス4位でチェッカーを受けてポイントを獲得しました。10時間の内大半をリードしていたにもかかわらず、ゴール間近で起った悲劇ですがこちらも耐久レースを象徴するような出来事だったので印象深かったです。

P9032284

良く見るとNDロードスターの2台はハザードが点灯している。

またST-5クラスで2位フィニッシュだった#88 村上モータースMAZDAロードスターNDは最終戦を待たずしてシリーズクラスチャンピオンを決めました。自分も乗っているクルマが優勝するとこっちまで嬉しくなるものですね。

P9033082

勝ったチームもみんなみんな10時間お疲れさまでした!来年24時間レース開催の運びとなったときにはまた観戦したいと思います。

おまけ

富士ジュラシックウェイ

この先は立ち入り禁止のようです。
良く見ると隙間からこちらを見ている恐竜の顔が……。
posted by じみニー at 18:15| Comment(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

2017 SUPER GT Rd.2 Fuji GT 500kmに行ってきました

ADVANコーナーから望む富士山

昨年に引続きSUPER GTを観戦して来ました。5月のFSWのレースは500kmレースとシリーズの中では鈴鹿1,000kmに次ぐレースディスタンス。毎年観戦しているWEC Fujiと比べるとレース時間は半分の3時間くらいです。

前日の夜に仕事が入っていたこともあり、出発が遅くなってしまい、駐車場も30度バンクのあるモビリタのほうまで案内されてしまい、グランドスタンドまでだいぶ離れてしまいました。昨年も来たはずなんですが、今年は昨年以上に観客が多い印象です。

2017 SUPERT GT Rd.2 Fuji ARTO 86 MC 101

それでも決勝日のピットウォークの時間には間に合いました。今回はタイから参戦しているチームの姿も。マシンはマザーシャシーを使った86です。

今年は「ワールドチェカパドックパス」を持っているのでSUPER GTのパドックにも入場することが出来ました。パドックでは鈴木亜久里代表や、2015年のバサースト12時間耐久レースに日本人として初の総合優勝をあげた千代勝正選手を見ることが出来ました。

NSXがいっぱい

LC500もいっぱい

パドックにはHONDAにはNSX、LEXUSにはLC500がズラリと並べられていました。

1Shot_20170504_163950

今回はコカ・コーラコーナーとADVANコーナーから観戦したのであまりサーキット内を歩き回れませんでした。レースは大きなクラッシュもなくクリーンなレースでLC500が表彰台独占でフィニッシュを迎えました。LEXUS勢がFSWのレースで優勝するのはSC430以来だとか。

せっかく「ワールドチェカパドックパス」を購入したので今年はWECの他にもSUPER FORMULAなんかも観に行きたいと思います。ちなみに帰りは連休の渋滞にハマって5時間くらいかかりましたね…。
ラベル:SUPERT GT
posted by じみニー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

WEC 2016 Rd.7 6HOURS OF FUJIに行ってきました(決勝)

PA160785

WEC Fujiにしてはめずらしく予選日に引続き、決勝日も快晴となりました。

PA160813

スタート前セレモニーにはヨサコイ踊りも披露され、大きな旗を振るダイナミックな動きはWECのテレビクルーも熱心に撮影していました。

PA160962

今年から参戦し、Le Mansクラス優勝を果したフォードGTは、Cピラー(?)がブリッジのように渡されておりまさにLe Mansで勝つために作られたレーシングカー然としたボディワークは興味深いものでした。今回のFujiでもその実力を発揮しクラス1-2フィニッシュを果しています。

PA160884

レースは終始P.PスタートのAudi 8号車がリードする展開が続きましたが残り1時間となったところからトップ3台それぞれの最後のピットストップの時間が異なり最後まで目の離せない展開となりました。最終的には給油のみでタイヤ交換をせずに2スティント目に挑んだ小林可夢偉選手の駆るTOYOTA 6号車がAudi 8号車の猛追を振り切りトップチェッカーを受けました。富士はWECでAudiが勝っていない唯一のサーキットですが、今回も勝てませんでした。2017シーズンをもってAudiのWEC撤退の噂もありますが…。

PA161800

TOYOTAは今シーズン初優勝、それも地元富士で優勝とあって表彰式では可夢偉コールが起こる程の盛り上りでした。

PA161816

今回は7号車がマシントラブルで早々にリタイアしてしまいましたがダブルイエローやバーチャルセーフティカーの出番はなく244ラップレーシングスピードで駆け抜けた見応えのあるレースでした。
今年も6時間お疲れ様でした。

また来年。

WECの写真はFlickrのアルバムにまとめてあります。
WEC FSW | Flickr
ラベル:WEC
posted by じみニー at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEC 2016 Rd.7 6HOURS OF FUJIに行ってきました(予選)

PA150035

今年で5年目になるFIA世界耐久選手権。その第7戦富士スピードウェイ6時間耐久レースに行って来ました。今年は予選・決勝の2日間観戦してきました。昨年はあいにくの雨模様でしたが、今年は予選・決勝ともに快晴で、のんびり観戦出来ました。

PA150393

今年は元F1ドライバーの小林可夢偉選手がTOYOTAから参戦し、また直前にはPorscheのマーク・ウェバー選手の引退が発表され注目度は高かったのではないでしょうか。ピットウォークではやはりマーク・ウェバー選手の乗る1号車の人気が高く長蛇の列となりました。

PA150432

現在のWECにはRGR SPORT by MORANDからブルーノ・セナ選手をはじめとした元F1ドライバーも多く参戦しています。日本人ドライバーはTOYOTAの中嶋一貴選手、小林可夢偉選手のほかLARBRE COMPETITONから山岸大選手がシリーズ参戦しておりこのFujiラウンドにはベテランの中野信治選手がMANOR 45号車からスポット参戦していました。

ピットウォークでのサイン会でサインを貰えたドライバーは…

Porsche 1号車
・マーク・ウェバー
・ティモ・ベルンハルト
・ブレンドンハートレー
Porsche 2号車
・ニール・ジャニ
ABU DHABI-PROTON RACING 88号車
・ハレド・アル・クバイシ
・デビッド・ハイネマイヤー・ハンソン
・パトリック・ロング
ASTON MARTIN RACING
・ポール・ダラ・ラナ
・ペドロ・ラミー
・マシアス・ラウダ

ニール・ジャニ選手はパドックを歩いているところをつかまえてサインして頂きました。WECはパドックで多くのドライバーが快くサインしてくれて、また黒山の人だかりが出来るわけでもないバランスが心地良いのです。

PA150664

さて、午後からは予選が行われましたがLMP1Hは熾烈なアタック合戦となり、Audi 8号車がP.Pを獲得しました。セッション終了まで絶えず更新されるタイムに最後まで目が離せない展開となりました。

WECの写真はFlickrのアルバムにまとめてあります。
WEC FSW | Flickr
ラベル:WEC
posted by じみニー at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

SUPER GT Rd.2 Fuji GT 500kmに行ってきました

P5040155

久々にSUPER GTのレースを観に行ってきました。前回観に行ったのは2005年の富士のレースだったと思うので実に11年振りでしょうか。2011年にJAF GPを観に行っていますが、シリーズ戦としてSUPER GTのレースを見るのは本当に久しぶりです。

決勝日の5/4は早朝に雨が降るも雲が過ぎさると晴れたのでレースはドライで行われました。

P5040165

レース最大のハイライトはポールポジションからスタートし、トップを走っていた12号車がラスト4周のところでタイヤバーストによりリタイヤしたところでしたが、もう1台タイヤバーストでリタイアした100号車は目の前で事が起こりました。
バーストしたタイヤがボディを叩いてしまったのでドアまで飛んでいってしまって凄惨な様子ですが、ドライバーは無事のようでなによりでした。

P5040230


このクラッシュによりSCが導入されレースが大きく動いたので、観戦しているほうとしては非常に面白いレースでした。富士スピードウェイは8月にもSUPER GTが開催されるのでまた行こうかな…。

WP_20160504_17_18_41_Rich
ラベル:SUPER GT
posted by じみニー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

第44回東京モーターショー2015に行って来ました

PB035683

東京モーターショー2015に行って来ました。

PB035191

ルーカス・ディ・グラッシ選手のパネルとともにFormula Eのマシンの展示がありました。

PB035498

Audiは前回に引き続きWECのマシンが展示されていました。

PB035401

PB035392


MercedesブースはAMG GT3とF1マシン W05が展示。

PB035189

横浜タイヤのブースでは来季から供給が決まったSUPER FORMULAのマシンが展示されています。

PB035577

PB035587

NISSANブースはVision granturismoの展示。これは何重にも人だかりが出来ていて中々写真が撮れませんでした。

PB035329

HONDAブースはNSXの展示。前回の東京モーターショーではコンセプトモデルでしたが今回は市販車バージョンです。

PB035352

もひとつHONDAブースからProject 2&4 powered by RC213V。剥き出しのシートは座ってみたくもあります。

PB035618

MAZDAブースではSPIRIT OF MAZDAとしてコスモスポーツの展示。MAZDAブースではMX-5 Cup Carの展示もありましたが、日本でもCup Carは2Lエンジンを搭載するようです。これで日本でも2LエンジンのMX-5が手に入れられる?

PB035660

PB035653

今回一番見たかったのはMAZDAのRX-VISION、なんですがなんだか埃かぶってたんですけどこれは…。

PB035452

PB035449

PB035450

トヨタ車体のブースではこんなものも。
PB035451

河森正治氏とのコラボレーション。大きさ的にはプチモビみたいな感じ?

MercedesとHONDAはF1マシンを展示していましたし、AudiはWECのマシンの展示と、世界選手権のマシンが展示モデルとはいえ置いてあるのはメーカーの取り組みの姿勢が見えます。Porscheも919 Hybrid持ってきてくれないかなー。そういえばTOYOTAもTS040置いてなかったかな?

今年も東京モーターショー限定トミカを買って帰りました。今年はCX-5とBRZ。今年は駆け足で各ブースを回ってしまったので次回はもう少しゆっくり見たいと思います。

TOKYO MOTOR SHOW 2015 | Flickr - Photo Sharing!
posted by じみニー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

WEC 2015 Rd.6 6HOURS OF FUJIに行ってきました DAY3

PA114853

今年からWEC全戦でスタートはル・マン式スタートのようにサインガードの前に斜めに整列します。スタートはこれまで通りローリングスタートですが、スタートセレモニーでの国歌斉唱などはこのかたちで行われるので他のレースとは違った趣きがあります。マシンの正面がグランドスタンドに向いているので壮観ですね。

PA114874

あいにくの雨模様でセーフティーカー先導でのスタートとなりました。スタートフラッグは今年ドライバー生活50周年を迎えるミスター・ルマンこと寺田陽次郎さんです。

PA114878

レースは最終的にPorscheの1-2フィニッシュでしたが、序盤の#17と#1のバトルが見応えがあったり、Audiが先行してたところからのPorsche怒涛の追撃。毎戦のことながらLMP2クラスの接戦など見所満載でした。

PA114905

来年はTOYOTAの逆襲に期待です。

WEC FSW | Flickr - Photo Sharing!
ラベル:WEC
posted by じみニー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEC 2015 Rd.6 6HOURS OF FUJIに行ってきました DAY2

PA094821

2日目は公式予選が行なわれました。予選は20分と非常に短かいセッションで行なわれますがこの20分が熱かったのです。2名のドライバーのベストラップの平均で争われるWECの予選はエースドライバーがニュータイヤでタイムを出したあとに二人目のドライバーがアタックに出ます。トップは今年好調のPorsche17号車。そこに続いて7号車のAudiが2番手タイムを叩き出しPorscheのフロントロー独占を阻んだかに見えましたが、セッション後半に18号車が再度アタックをかけ2番手を獲得しました。

耐久レースではF1のようなスプリントレースほど予選でのスターティングリッドは重要ではないにもかかわらず、フロントローを独占しなければダメなんだとばかりにセッションの最後までニュータイヤを投入しアタックに出る18号車がかっこ良かったです。

写真は金曜日の公式練習の際の18号車。予選日は雨は降りませんでしたが曇天模様でした。

PA104825

この日はピットウォークにも参加しました。Porscheワークスドライバー6人のサインがもらえたので満足。なんだか昨年よりもピットウォーク参加者が少ないような気がしましたが実際のところはどうだったのでしょうか。ちなみにPorscheのピットウォールはAudiと同じく外からは見えないよう囲われた物置のようになっています。

WEC FSW | Flickr - Photo Sharing!
ラベル:WEC
posted by じみニー at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする