「Google Calendar」がオフラインアクセスに対応だけど必要あるの?

「Google Calendar」がオフラインアクセスができるようになった。Google Calendarのページから「Offline Beta」のリンクから利用できる。もちろんBeta版。
グーグル、「Google Calendar」のオフラインアクセスを拡大:ニュース - CNET Japan

Google Calendar offline access


すこし前にGmailがオフラインアクセスに対応しており、Googleはオフラインでのアクセスの範囲を広げている。しかし、モバイルインターネットが普及していく今になってなぜオフラインアクセスを広げるのだろう。

今やほとんどの人が携帯電話を持っているし、Mobile WiMAXやLTEなど次世代規格も策定されており、ますますオンラインであることが当たり前になるだろう。ましてやモバイラーとしては常にオンラインの環境を手に入れたいし、そのために通信手段を確保している。

今回のオフラインアクセスはカレンダーの予定を参照するのみでオフライン時に新しく予定を作成・修正することは出来ない。スマートフォンを使っているならGoogle syncなどでGoogle Calendarを同期して使っている人も多いだろう。同期サービスを使っている人ならオフライン環境でも予定の作成・修正が出来るし、オンライン環境に復帰したときには自動的に同期してくれる。

PCの場合はまだ出先でオンライン環境を必ずしも手に入れられるとは限らないので必要なサービスなのかもしれないが、外出先ではPCよりも携帯電話などのモバイルガジェットで予定の確認をする人のほうが多いと思う。

先のGmailのオフラインアクセスのときはメールのバックアップという意味があったので必要なサービスなのかな。それもメーラーでPOPで取得しておけばいいだけだと思うけど…。だから「Google Calendar」のオフラインアクセスは私は必要ないなー。まだBeta版だし。

"「Google Calendar」がオフラインアクセスに対応だけど必要あるの?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。