2016年01月20日

Sailfish OS v2.0.1.7 アップデート

Sailfish OS v.2.0.1.7

昨年末の危機以来、目立ったニュースのなかったJollaでしたが、v2.0.1.7のアップデートが来ました。

リリースノートはこちら。
[release notes] 2.0.1/Taalojärvi [Early Access] - together.jolla.com
主な変更点は

・共有先にDropboxとOneDriveが追加
・イベントビューにイベントビューの設定へのショートカットの追加
・ヒンディー語キーボードの追加

また、既知の問題点としてWindows 10でMTPモードで動作しないことが確認されてるみたいです。

タブレットに関する内容のソフトウェアアップデートも盛り込まれているようです。OS造り込むのもいいけど早くタブレットを出荷して欲しいところです。
タグ:JOLLA Sailfish OS
posted by じみニー at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Jolla/Sailfish | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

MacBook AirをOS X El Capitanにアップグレード

Mac OS X v10.11.2

気が向いたのでYosemiteのままにしてあったMacBook AirをEl Capitanにアップグレードしました。
タグ:Mac OS X
posted by じみニー at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Mac・INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

あけましておめでとうございます 2016

OI000086

昨年のハイライトはやはり950XLとDisplay DockでContinuum機能でしょうか。950XL自体もまだ購入して約1ヶ月なのでこれから使い込んで行きたいところです。

今年もよろしくお願いします。

2016年 元日
posted by じみニー at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

blogで振り返る2015年

今年は久々に購入端末が多い年だったような気がします。端末本体に限らずデジカメやモバイルモニターなんかも買っています。Windows 10 Mobileが登場してこれからのアップデートが楽しみな感じになって来ました。

1〜2月は特になし。最初のガジェットは3月に購入したStylus 1sです。主にレース観戦の撮影に活躍してくれています。
jimixi blog: OLYMPUS STYLUS 1s、来たる

続いて4月には今年初の端末、XPERIA Z3 Compactを購入しました。コンパクトな端末としてXPERIA SXを使っていましたがこれのリプレースとしての購入です。これは友人にオススメの機種を聞かれたので答えたらその友人より先に自分でゲットしてしまいました。
jimixi blog: SONY Xperia Z3 Compact、来たる

5月はRedBull AIR RACE 2015 in Chibaに行って来ました。このときはStylus 1sが活躍してくれましたね。また来年も行きたいと思っています。
jimixi blog: RedBull AIR RACE 2015 in Chibaに行って来ました

6月には早くも2台目の端末、MADOSMAを購入しています。国内初のWindows Phone 8.1端末としてゲットしました。Windows 10 Mobile端末が各社から出るまでは、国内の周波数帯に対応した貴重なWindows Phoneでした。MADOSMA自体もWindows 10 Mobileへのアップデートが控えているのでこれからも重宝しそうです。
jimixi blog: MADOSMA、来たる

7月はJollaのオプション品TOHKBDが届きました。TOHKBDはKickstarterで出資を募ったプロジェクトです。ちなみに届いたキーボードは不具合があったので修理対応してもらってます。
jimixi blog: TOHKBD、来たる
jimixi blog: 帰ってきたTOHKBD

8月はBluetoothキーボードとfreetel Simpleを購入しています。BluetoothキーボードはUSBでも接続出来るタイプ。現行品だとなかなかこのタイプがなく探して見つけた品です。
freetel Simpleは再三このblogでも欲しいといってきた通話とSMSのみに絞った小型10キー端末。通話専用機として必要にして十分。大型タッチパネルの端末ばかりのなかこうした端末は出たときに確保しないと行けません。実際Simpleは発売後再入荷はなく完売となりました。
jimixi blog: 折り畳み式キーボードTOR-BT02購入[2015/12/13 追記あり]
jimixi blog: freetel Simple、来たる

9月はJollaのSailfish OS 2.0がリリースされました。Jolla Tablet、出るといいなあ。
jimixi blog: Sailfish OS 2.0のUIをearly accessユーザ向けのリリースで体験

10月は毎年恒例のWEC 6HOURS OF FUJIに行っています。ガジェットのほうはGechicのOn-Lap 1303Hを購入しています。これは来たるWinodws 10 Mobile端末でContinuum機能を使うために購入しました。
jimixi blog: WEC 2015 Rd.6 6HOURS OF FUJIに行ってきました DAY1
jimixi blog: モバイルモニター Gechic On-Lap 1303HでContinuumに夢みる

11月は八王子変態端末オフ3に参加しています。このオフ会にはなにげに毎回参加していますね。イベントとしては東京モーターショーにも行ってますね。こちらも2011年から毎回観に行くようにしています。
jimixi blog: 八王子変態端末オフ3に参加してきました
jimixi blog: 第44回東京モーターショー2015に行って来ました

12月には今年の締めとしてLumia 950XLを購入しました。これは昨年の12月から次期メイン端末として購入予定だったものです。合わせてオプションのDisplay Dockも購入しましたね。
jimixi blog: Microsoft Lumia 950XL、来たる
jimixi blog: Microsoft Display Dock HD-500、来たる

今年は端末4台に加えてモバイルモニターやDisplay Dockなどのオプション品も購入して昨年よりも多くのガジェットを購入していますね。昨年の記事でも1020の後継として次期Lumiaが欲しいと書いていましたが、予定通りのゲットとなりました。Surface Phoneなんて噂も聞こえて来ていますが、1520や930をスキップしているので、また待っていたらいつまで経っても買えなくなってしまいます。

最近はモデルサイクルも早くなっているので、発売後少し経ってから購入すると楽しめる時期が短かくなってしまいます。サブ端末なら安くなってから買うのはありですが、コレとキメた端末はなるべく最速で飛びついておいたほうが結果的に一番長く楽しめるかなと。

N900のときには1年落ちで買ったのでもっと早く手に入れていればと思ったものです。E90に至っては出会うのが遅すぎたので手に入れることは出来ましたが、すでに見劣りするスペックになりつつあり使う機会がそれほどなかったのが残念です。あとはJolla tabletの行方というかJolla自体の行方が気になるところですが、どうなるか見てみましょう。それでは来年もよろしくお願いします。

OI000085
posted by じみニー at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

デジモノステーション Vol.167には『0SIM by So-net』が付録

デジモノステーション

昨年の12月に発売された「SIM PERFECT BOOK」でもSIMカードが付録になったデジモノステーションですが、今年は500MBまで0円の「0SIM by So-net」が付録してると聞いて早速購入しました。

今回付録のSIMは「500MB未満は月額料金無料」、500MB超過後は、100MB毎に100円ずつ加算され、料金の上限は1,600円/月、通信量の上限は5GB。それ以降は200kbpsに通信速度が制限されます。前日までのデータ通信量が400MBを超えたら登録したメールアドレス宛に通知が届くようになっていますし、たとえ超過しても上限が1,600円なので安心です。
また、3ヶ月連続で通信が行なわれないと自動的に解約となります。また解約時にはSIMを返却しないと損害金として3,000円が請求されるので注意が必要です。

nano SIMなのでMicro SIMの端末にはアダプターをかませてあげる必要があります。またSMSには非対応なので端末によってはアンテナピクトが表示されないかも知れません。
500MB/月だとすぐ超過してしまいそうに思えますが、遊んでいるサブ端末に挿しておくにはちょうどいいんじゃないでしょうか。メールのプッシュ配信やアプリの自動アップデートを切っておけば知らぬ間に通信量が増えていってしまうこともないでしょう。

利用開始期限は2016年2月24日となっているので、早めに開通させておくのがいいでしょう。前回の付録SIMは期限までに開通させずそのまましてしまったので。

[APN設定のメモ]
APN:so-net.jp
User:nuro
Pass:nuro
posted by じみニー at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Cellphone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

Microsoft Lumia 950XLを1週間使ってみて感じたこと

購入してからまだわずか1週間ばかりですが、使っていて感じたことをつらつらと並べてみたいと思います。

[大きさや片手操作について]
まず外観レビューの記事でも触れた5.7インチという大きさ。購入する前には大きすぎると思っていたましたが、実際に使ってみると意外と受け入れられました。小さい端末は少なくなっているので徐々に許容出来る大きさが大きくなっているだけかもしれません。N9の大きさですらギリギリだなと思っていたのはついこの間だと思っていたのですが。

もっともビューアとしては片手で操作しても耐えられますが、文字入力をしようと思うとやっぱり大きいので厳しいです。キーボードは設定で左右に寄せることも出来るのですが片手で入力してると落しそうで怖いですね。Windowsキーの長押しで画面が下半分に下りてくるいわゆる片手モードもあります。使用頻度は高くないでしょうが、あると便利な機能といったところでしょうか。

また、ナビゲーションバーをダブルタップすることでスリープさせられる機能があります。これは大きい端末では意外と便利。逆に画面のダブルタップでスリープ解除が出来ないみたいなのだけれど、設定どこかにあるのかしらん。1020はダブルタップで復帰したので気に入っていたのですが。

[Windows Helloについて]
パスワードの代わりに顔や虹彩で認証するWindows Helloを使ってみました。登録する際はメガネを外して登録しますが、実際に利用する際にはメガネをかけていてもマスクをしていても認識してくれます。真っ暗な部屋で試しても認識してくれたので夜外で使っても大丈夫そうです。

認識しづらいときは若干端末を顏に近付ける必要がありますが、かなり自然にロック解除されるので普段から使っていてもロックが解除されなくて端末とにらめっこということはなさそうです。ロック解除のときにはつい画面の真ん中を見てしまいがちなんですが、そもそも認識用のカメラは画面上の部分にあるのでその高さに目線を持ってくると認識されやすいです。また、一定時間以内に認識出来ない場合にはPINコードでの解除を求められます。
虹彩認識でロック解除されるのは大きい端末で片手ではPINコードを打つのに指が届かないときこそ役立ちそうです。

[新ブラウザEdgeとOutlookメールについて]
新ブラウザのEdgeはWindows Phone 8.1までのIEに比べて体感の読み込み速度が圧倒的に速くなりました。それまで別のアプリとして提供されていたリーディングリストにもEdgeから直接見に行けるようになったのは便利ですね。

Wondows Phone 8.1まではメールもアカウント毎にスタート画面にタイルを用意していましたが、Windows 10 MobileになってからはOutlookメールの1つ置いておけばアプリ内でアカウントを切り替えられるようになりました。スタート画面も950XLだと中サイズのタイルを4列まで並べられるようになったので普段使うアプリを置いてもほぼ1ページ分にまとめることが出来そうです。何ページもスワイプしたり延々とスクロールする必要はなく、スタート画面1つでかなりの数のアプリにアクセス出来ます。

[カメラについて]
カメラの起動はLumia 1020と比べると格段に早くなっています。一方で同じPureViewの名を冠してるとはいえ、20MPなので41MPのLumia 1020と比べると見劣りしてしまうのは仕方がないところでしょう。拡大したときに差は明らかです。それでも暗所撮影機能はLumia 950XLのほうが得意のようです。

最後に、着信音について代名詞ともいえるNokia tuneは収録されていません。Microsoft製Lumiaだから当たり前なんですが、残念なところです。

まだ使い始めて1週間なのでこれから気がつくことも多いでしょうし、なによりContinuum機能もあれこれ試していところなので気づいたことがあればまた書き足したいと思います。
posted by じみニー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia/Lumia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Display Dockファームウェアアップデート Ver.4.0.0

HD-500 ver.4.0.0

早速950XLとつないでContinuum機能をあれこれ試しているDisplay Dockですが、ファームウェアアップデートが来てました。バージョンは4.0.0。

Display Dock HD-500 Update now

アップデートは950XLと接続した状態でGadgetsアプリを開いてHD-500を選択してUpdate nowをタップ。その後Display Dockを再起動するために電源用のUSB-Cを抜き挿しするとアップデート完了です。

ついでにContinuumを試していて気がついたことをひとつ。
Continuumで入力するときにキーボードをつないでいる場合は、950XLのソフトウェアキーボードの言語に引っ張られるようです。ソフトウェアキーボードが英語QWERTYになっていると、接続したキーボードからは日本語入力に切り替えられないみたいです。ソフトウェアキーボードが日本語になっていれば、接続したキーボードの「半角/全角」キーで日本語と英語の切り替え出来ます。
ただし、一度キーボードを接続してしまうとテキストボックスを選択時に950XLのソフトウェアキーボードが出てこないので、キーボードをつなぐ前に日本語ソフトウェアキーボードにしておくことが必要です。
posted by じみニー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia/Lumia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

外出先でもContinuum for Phoneを使いたい!

PC110028

外では950XLを使って、家では950XLをモニターにつないでデスクトップPC感覚で使えるWindows 10 Mobileの目玉機能。せっかくなら出先でもContinuum for Phoneを使いたい!

--というわけで、早速チャレンジ。
結果から言うと一応成功。この組み合わせで外出先どこでもContinuum for Phoneを実現出来ます。

PC110030

このために購入したGeChicのモバイルモニター、Lumia 950XL、もちろんDisplay Dock、それにキーボードとみんな持ってる指マウス。準備するものはこれだけ!
−といいたいところですが、外出先の場合はディスプレイはもちろん、Display Dockの電源を確保する必要があります。ですが、モバイルモニターもDisplay DockもUSBからの電源供給で駆動するのでモバイルバッテリーがあれば外出先でも大丈夫。のはず。

PC110031

うーむ、想定してたよりも大荷物になって来ました。これを接続して行きます。

PC110032

まずは電源が必要なOn-LapとDisplay Dockをモバイルバッテリーに接続します。続いて、Display DockとOn-LapをHDMIで、Display Dockと950XLをUSB-Cでそれぞれ接続。これでContinuum for Phone機能を使ってディスプレイと950XLとで別々のアプリを動かすことが出来ます。

さらにディスプレイ側ではキーボードとマウスが使えますのでこれをDisplay Dockに接続します。逆に950XL本体側ではこの接続したキーボードとマウスは使えません。キーボードとマウスはBluetooth接続でもOKですが今回はあえてUSB接続で。

これで外出先でも実現出来るContinuum for Phone環境の出来上がりです!キーボードとマウスをつなぐと流石にケーブルが多い。操作自体は950XLだけでも完結するので、モニターとDisplay Dock、950XLだけの接続なら外出先でもありかも知れません。

ぶっちゃけホテルのテレビにつないで使うなら電源もあるしもっとスッキリ使えます。だがしかし、モバイラーとしてはディスプレイも電源もないところでもContinuum for Phoneが使いたい!使ってみたい!

ちなみにContinuum for Phoneは今のところハイエンドクラスでないと動かないというのは知られていると思いますが、接続方法も端末によって違うようです。Lumia 950XLの場合はDisplay Dockを使った有線接続ですが、端末側のUSB端子によっては外部出力の要件を満たせずにMiracastを使ったワイヤレス接続に限られる場合もあるようです。
posted by じみニー at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

950XLとDisplay DockでCoutinuum for Phoneを試してみた


PC110022

Lumia 950XL、Display Dockが揃ったので早速Continuum for Phone機能を試してみました。全てのアプリで使えるわけではありませんが、ブラウザとOfficeが使えるので差し当たりこれが使えなくて困るということもありません。

PC110026

使えないアプリは薄く表示されます。現状はまだ使えないアプリも多いので、これからUWPアプリが増えていくことに期待です。

PC110027

Excelも大きな画面で一覧出来るので編集するセルまでスクロールしてーってことが少なくなり作業が捗りそうです。

PC110025

地図もこのとおり大きく表示出来るのがいいですね。Windows Phoneユーザとしてはそれよりも日本の地図がここまで詳細になっていることのほうが感動ですがそれはまた別のおはなし。

PC110029

Youtubeなどの動画もディスプレイ一杯に表示して視聴出来るのでホテルのテレビにつなげばノートPCを持って行く必要がなくなるかもしれません。

wp_ss_20151211_0004

Continuumアプリを電話側で起動するとタッチパッドになります。テキストボックスをタップすればこの画面にいつものキーボードが現われるので専用にUSBキーボードをつないだりせずとも、文字入力も950XLだけで完結させることも出来ます。

PC110028

950XL側はディスプレイ側とは別のアプリを立ち上げて操作することも出来ます。別のアプリを立ち上げているときにはディスプレイ側のアプリを操作するにはキーボードとマウスが必要です。外出先で使う場合でもBluetooth接続のキーボードなら折り畳み式のものも多いですし、マウスも小型なものをカバンに入れておけばそれほど荷物にはならないでしょう。

ちなみに画面を区切っての2つのアプリを同時に動かすことは出来ません。出力先のディスプレイのブラウザで調べものしながら手元の端末でメール書いたりは出来るので今はそれで十分かな?将来的にはPCと同じように画面を区切って複数のアプリを同時に使えると嬉しいですね。

ちなみにContinummを実行中に端末側の画面をロックしてしますと接続が切れるので注意が必要です。いつものクセで端末をスリープさせちゃうとディスプレイ側も切れます。
使って見て思ったのは寝モバにいいかなーと。操作はいつもの寝モバ用の端末で手元で出来るのでお布団の中で操作が出来て、出力はモニターに表示出来るしブラウザなんかもPCと同等のレイアウトで使えるので。今のところは有線接続なので寝起きに足引っ掛けないように注意が必要かも。

これなら家でディスプレイにつなぐだけでなく出先でもContinuum for Phoneを使ってみたいですね。

posted by じみニー at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Display Dock HD-500、来たる

Display Dock届いたー! Let's continuum!

Lumia 950XLを手に入れたら必須ともいえるオプション、Display Dockが8日に届きました。Display Dockは香港のtaikeさんにお願いして送って頂きました。共同購入をお願いするのに値段も確認せずに手を挙げたのはナイショ。それくらい950XLを買ったからにはマストバイなアクセサリーです。taikeさんありがとうございました。

端末本体は海外通販で手に入れやすくなりましたが、アクセサリーの類は中々手に入れるのが難しい。販売直後はオンラインショップでも並びますが端末に比べれば在庫数も少ないですし、それを逃すとほとんど見かけることがありません。

PC110017

Display Dock本体、電源用にAC-USB-Cケーブル、端末との接続用にUSB-C to USB-Cのケーブル、それにクイックマニュアルが入っています。

PC110018

USB-CポートのみがあるほうがWindows 10 Mobile端末との接続用です。接続時はスマートフォンに給電します。USBポート上の丸いのはLEDライトです。電源が入ると赤く点灯し、端末をつなぐと白く点灯します。

PC110019

反対側には上段に3つのUSBポート、下段にUSB-Cポート、Displayport、HDMIポートがあります。上段左のUSBポートはつないだ機器の充電にも使えるようです。下段のUSB-CポートはDisplay Dock自体の電源供給用です。

PC110020

Lumia 950XLとDisplay Dockが揃ったのでいよいよWindows 10 Mobileの目玉機能であるContinuum for Phoneを試すことが出来ます。このために購入したGechicのOn-Lap 1303Hにもついに出番がやって来ました。
タグ:microsoft
posted by じみニー at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする