2015年12月12日

Microsoft Display Dockファームウェアアップデート Ver.4.0.0

HD-500 ver.4.0.0

早速950XLとつないでContinuum機能をあれこれ試しているDisplay Dockですが、ファームウェアアップデートが来てました。バージョンは4.0.0。

Display Dock HD-500 Update now

アップデートは950XLと接続した状態でGadgetsアプリを開いてHD-500を選択してUpdate nowをタップ。その後Display Dockを再起動するために電源用のUSB-Cを抜き挿しするとアップデート完了です。

ついでにContinuumを試していて気がついたことをひとつ。
Continuumで入力するときにキーボードをつないでいる場合は、950XLのソフトウェアキーボードの言語に引っ張られるようです。ソフトウェアキーボードが英語QWERTYになっていると、接続したキーボードからは日本語入力に切り替えられないみたいです。ソフトウェアキーボードが日本語になっていれば、接続したキーボードの「半角/全角」キーで日本語と英語の切り替え出来ます。
ただし、一度キーボードを接続してしまうとテキストボックスを選択時に950XLのソフトウェアキーボードが出てこないので、キーボードをつなぐ前に日本語ソフトウェアキーボードにしておくことが必要です。
posted by じみニー at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia/Lumia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

外出先でもContinuum for Phoneを使いたい!

PC110028

外では950XLを使って、家では950XLをモニターにつないでデスクトップPC感覚で使えるWindows 10 Mobileの目玉機能。せっかくなら出先でもContinuum for Phoneを使いたい!

--というわけで、早速チャレンジ。
結果から言うと一応成功。この組み合わせで外出先どこでもContinuum for Phoneを実現出来ます。

PC110030

このために購入したGeChicのモバイルモニター、Lumia 950XL、もちろんDisplay Dock、それにキーボードとみんな持ってる指マウス。準備するものはこれだけ!
−といいたいところですが、外出先の場合はディスプレイはもちろん、Display Dockの電源を確保する必要があります。ですが、モバイルモニターもDisplay DockもUSBからの電源供給で駆動するのでモバイルバッテリーがあれば外出先でも大丈夫。のはず。

PC110031

うーむ、想定してたよりも大荷物になって来ました。これを接続して行きます。

PC110032

まずは電源が必要なOn-LapとDisplay Dockをモバイルバッテリーに接続します。続いて、Display DockとOn-LapをHDMIで、Display Dockと950XLをUSB-Cでそれぞれ接続。これでContinuum for Phone機能を使ってディスプレイと950XLとで別々のアプリを動かすことが出来ます。

さらにディスプレイ側ではキーボードとマウスが使えますのでこれをDisplay Dockに接続します。逆に950XL本体側ではこの接続したキーボードとマウスは使えません。キーボードとマウスはBluetooth接続でもOKですが今回はあえてUSB接続で。

これで外出先でも実現出来るContinuum for Phone環境の出来上がりです!キーボードとマウスをつなぐと流石にケーブルが多い。操作自体は950XLだけでも完結するので、モニターとDisplay Dock、950XLだけの接続なら外出先でもありかも知れません。

ぶっちゃけホテルのテレビにつないで使うなら電源もあるしもっとスッキリ使えます。だがしかし、モバイラーとしてはディスプレイも電源もないところでもContinuum for Phoneが使いたい!使ってみたい!

ちなみにContinuum for Phoneは今のところハイエンドクラスでないと動かないというのは知られていると思いますが、接続方法も端末によって違うようです。Lumia 950XLの場合はDisplay Dockを使った有線接続ですが、端末側のUSB端子によっては外部出力の要件を満たせずにMiracastを使ったワイヤレス接続に限られる場合もあるようです。
posted by じみニー at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

950XLとDisplay DockでCoutinuum for Phoneを試してみた


PC110022

Lumia 950XL、Display Dockが揃ったので早速Continuum for Phone機能を試してみました。全てのアプリで使えるわけではありませんが、ブラウザとOfficeが使えるので差し当たりこれが使えなくて困るということもありません。

PC110026

使えないアプリは薄く表示されます。現状はまだ使えないアプリも多いので、これからUWPアプリが増えていくことに期待です。

PC110027

Excelも大きな画面で一覧出来るので編集するセルまでスクロールしてーってことが少なくなり作業が捗りそうです。

PC110025

地図もこのとおり大きく表示出来るのがいいですね。Windows Phoneユーザとしてはそれよりも日本の地図がここまで詳細になっていることのほうが感動ですがそれはまた別のおはなし。

PC110029

Youtubeなどの動画もディスプレイ一杯に表示して視聴出来るのでホテルのテレビにつなげばノートPCを持って行く必要がなくなるかもしれません。

wp_ss_20151211_0004

Continuumアプリを電話側で起動するとタッチパッドになります。テキストボックスをタップすればこの画面にいつものキーボードが現われるので専用にUSBキーボードをつないだりせずとも、文字入力も950XLだけで完結させることも出来ます。

PC110028

950XL側はディスプレイ側とは別のアプリを立ち上げて操作することも出来ます。別のアプリを立ち上げているときにはディスプレイ側のアプリを操作するにはキーボードとマウスが必要です。外出先で使う場合でもBluetooth接続のキーボードなら折り畳み式のものも多いですし、マウスも小型なものをカバンに入れておけばそれほど荷物にはならないでしょう。

ちなみに画面を区切っての2つのアプリを同時に動かすことは出来ません。出力先のディスプレイのブラウザで調べものしながら手元の端末でメール書いたりは出来るので今はそれで十分かな?将来的にはPCと同じように画面を区切って複数のアプリを同時に使えると嬉しいですね。

ちなみにContinummを実行中に端末側の画面をロックしてしますと接続が切れるので注意が必要です。いつものクセで端末をスリープさせちゃうとディスプレイ側も切れます。
使って見て思ったのは寝モバにいいかなーと。操作はいつもの寝モバ用の端末で手元で出来るのでお布団の中で操作が出来て、出力はモニターに表示出来るしブラウザなんかもPCと同等のレイアウトで使えるので。今のところは有線接続なので寝起きに足引っ掛けないように注意が必要かも。

これなら家でディスプレイにつなぐだけでなく出先でもContinuum for Phoneを使ってみたいですね。

posted by じみニー at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Display Dock HD-500、来たる

Display Dock届いたー! Let's continuum!

Lumia 950XLを手に入れたら必須ともいえるオプション、Display Dockが8日に届きました。Display Dockは香港のtaikeさんにお願いして送って頂きました。共同購入をお願いするのに値段も確認せずに手を挙げたのはナイショ。それくらい950XLを買ったからにはマストバイなアクセサリーです。taikeさんありがとうございました。

端末本体は海外通販で手に入れやすくなりましたが、アクセサリーの類は中々手に入れるのが難しい。販売直後はオンラインショップでも並びますが端末に比べれば在庫数も少ないですし、それを逃すとほとんど見かけることがありません。

PC110017

Display Dock本体、電源用にAC-USB-Cケーブル、端末との接続用にUSB-C to USB-Cのケーブル、それにクイックマニュアルが入っています。

PC110018

USB-CポートのみがあるほうがWindows 10 Mobile端末との接続用です。接続時はスマートフォンに給電します。USBポート上の丸いのはLEDライトです。電源が入ると赤く点灯し、端末をつなぐと白く点灯します。

PC110019

反対側には上段に3つのUSBポート、下段にUSB-Cポート、Displayport、HDMIポートがあります。上段左のUSBポートはつないだ機器の充電にも使えるようです。下段のUSB-CポートはDisplay Dock自体の電源供給用です。

PC110020

Lumia 950XLとDisplay Dockが揃ったのでいよいよWindows 10 Mobileの目玉機能であるContinuum for Phoneを試すことが出来ます。このために購入したGechicのOn-Lap 1303Hにもついに出番がやって来ました。
タグ:microsoft
posted by じみニー at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

Microsoft Lumia 950XL外観レビュー

Lumia 950 XL UNBOX

早速Lumia 950XLの外観レビューをお届けします。
まずは同梱物を確認します。本体のほかはクイックマニュアル、USB-ACアダプタとUSBケーブル。950XLはtype Cを採用しているのでもちろんtype Cケーブルです。Type Cのケーブル持ってないからこれ持って歩かないとどこでも充電ってわけにはまだ行かないですね。

PC030006

950XLのディスプレイサイズは5.7インチ。少し前では敬遠していたサイズですが、5.2インチの950とはディスプレイサイズだけでなくスペックに差がついてしまったので今回はよりハイスペックの950XLにしました。

ちなみにWinodws 10 Mobileへのアップデートを控えているMADOSMAが5.2インチです。これに慣れてしまったのか、5.7インチでも思っていたよりも大きくは感じずに受け入れられました。それでもこれだけ大きいとフリップカバーが欲しくなります。フリップカバーつけちゃうとスリープさせたとに表示される時計や新着メールアイコンが見えなくなってしまいます。時刻表示は地味に便利な機能なのでフリップカバーなしで頑張りたいところです。

PC030007

上部には3.5mmイヤフォンジャックのみ配置されています。

OI000084

右側は電源ボタンとボリュームUp/Downボタンにシャッターボタン。半押し出来るシャッターボタンは必須です。画面タップして写真取るのはどうもブレる気がして…。

ボリュームボタンはこれまでのLumiaのそれとは配置が変わりましたね。これまで上からボリュームボタン、電源ボタン、シャッターボタンだったのが950XLでは電源ボタンを挟むようにしてボリュームUp/Downボタンが配置されています。これはすぐ慣れるかな。

PC030009

下部はUSB type Cポートのみです。

PC030010

左側部はなにもありません。こうして見ると右側面以外は非常にスッキリしていますね。

PC030011

背面にはNOKIAではなくMicrosoftのロゴマーク。1020のように41MP級ではないものの存在感のあるPureview ZeissカメラにトリプルLEDフラッシュが配置されています。

PC030012

950XLはバッテリー交換出来るタイプ。カメラユニットがバッテリーの上にはみ出ているます。SIMスロットはバッテリーを外さないと交換出来ません。SIMはnano SIMを採用。これだけデカいのにnano SIMなのか…手持ちのSIMはまだmicro SIMが多いのでどれでも挿し換えというわけにはいかないのがイタいところ。micro SDスロットもあります。SIMスロット、micro SDスロットともにバネ式で差し込むタイプです。1020はバッテリー交換は出来ず、micro SDスロットもありませんでしたからこれは嬉しいポイント。

PC030013

N900と並べると大きさはもちろん950XLが大きいのですが、重さについてはN900が181gなのに対して950XLは165g、158gのLumia 1020と比べてもその差7gなので全然重たくありません。

縦横のサイズは大きいですが、角張って握りにくいということはないです。厚さは1020よりもだいぶ薄くなっていますね。ガシガシ写真を取るには1020のようにカメラグリップオプションがあると持ちやすいのですが、これだけ大きいと邪魔になりそうな気もします。ともあれPureview搭載ハイエンド端末950XLが来たことでLumia 1020には暇を出せそうです。
posted by じみニー at 00:02| Comment(3) | TrackBack(0) | Nokia/Lumia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

Microsoft Lumia 950XL、来たる

Microsoft Lumia 950 XL

来ました!Lumia 950 XL!

今回注文したのはSingle SIMモデルのホワイト。私にとっては初のMicrosoft製のLumia、初のWindows 10 Mobile端末になります。

注文はここのところよく使っているexpansysから。11月30日の夜中にオーダーして12月2日の夕方には届きました。注文を処理したのは12月1日になってからのようなので、香港から翌日には届いた格好です。あんまり速いんでびっくりした。

実はWindows 10 Mobileはinsider previewを入れていないので触るのはほとんど初めてです。早くcontinuumを試してみたいのですがそれにはDisplay Dockが必要です。こっちも遠からず手元に届くはず…。

ハイエンドモデルもLumia 1020以来久しぶりなのでしばらく楽しめそうです。
posted by じみニー at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia/Lumia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

八王子変態端末オフ3に参加してきました

WP_20151121_15_00_01_Pro

前々回前回、に続き今回で3回目となる八王子変態端末オフ3に参加してきました。
モバイルガジェット勉強会〜八王子変態端末オフ3〜 - TwiPla

前回同様に勉強会がメインの内容ですが、今回は講演者が今までに増して豪華に。

WP_20151121_14_01_45_Pro

一番最初はエックスモバイルの木野社長からスゴい電話の紹介やMVNO業界の裏話として参入する際に苦労した話をされていました。「記者発表よりも緊張している」とおっしゃられていましたが、裏話はおもしろおかしく紹介されていて会場も大ウケ。

WP_20151121_14_58_37_Pro

2番目はTCLコミュニケーションジャパンさんからのALCATEL onetouchの取り組みについて紹介。Android, Windows Phone, Firefox OSの3種類を購入時に選択出来るようになっているPixi3やDJ機能などが付加された専用プリップカバーなど他社にはないものをハイエンドのみならずミッドレンジで展開しいて要注目です。

WP_20151121_15_38_12_Pro

続いては山根博士から「変態端末ラブ」と題してミャンマー取材時の様子やSamsungやNokiaの変態端末の紹介。また以前連載されていた「中国トンデモケータイ図鑑 - CNET Japan」で話題となったヒゲ剃りケータイや始皇帝ケータイをはじめ、リーマンショックで倒産し幻となったiCEphoneなど、「触らないと解らない、行かないと見つからない」端末の紹介はネットで記事を読むだけでは得られない情報です。「端末買って使うのか、おまえ」などの山根博士ならではの名言も飛び出しました。最後に変態スマホの今後として「家電化、デザイン化、キャラスマ」を挙げていました。

WP_20151121_15_58_26_Pro

引続き山根博士も前に立ってアスキーのACCNさんからQWERTYキースマホ発掘対決取材時のおはなし。ノキアの墓場といわれている(?)場所はSymbian S60全盛のスマートフォンがズラリ。
ASCII.jp:ノキアの墓場でQWERTYキースマホ発掘対決:週間リスキー|週間リスキー
このほか会場のみのオフレコのはなしは非常に興味深かったです。

このあとはおやぐま3さんからの「キャリアアグリゲーションの基礎知識」と題した講演。資料も後日アップされましたが、会場でも多くの人が写真を取るほど気合の入ったものでしたキャリアアグリゲーションについての説明は専門的でありながらも各キャリアの取り組みから見える方向性などの説明は分かりやすかったのではないでしょうか。

WP_20151121_17_33_35_Pro

最後は宮崎から参加された甲斐さんから2015年1月15日に博多で行われる第2回めんたいガジェットフェス@リファレンス駅東ビルの紹介。トリニティ、日本エイサー、VAIOとWindows 10 Mobile端末のリリースを表明しているメーカーがスポンサーとして参加されるということなので、当日会場ではアレが見られるかも。Jetstarなら約1万円で往復出来るので是非と熱い内容でした。

今回は勉強会がメインだったこともあり、参加者の端末をじっくり見る機会は多くありませんでしたが、講演したTCLコミュニケーションジャパンさんや山根博士の持ち込んだ端末を見ることが出来ました。

会場を提供してくださったエイビットさん、すくすく。 (@ScreamoTAI)さん、河童丸 (@KPL_)さんを始めとしたスタッフの皆様ありがとうございました。
posted by じみニー at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

Lumiaのカメラロール保存先をFlickrへ

OneDrive ディスク容量

MicrosoftからOneDriveの無料容量が縮小される旨の発表がありました。

Office 365に付随するOneDriveの容量が無制限から1TBに 〜無料枠も15GBから5GBに縮小 - PC Watch

Windows Phoneを使っているとカメラロールのバックアップ先としてOneDriveを使っている人も多いはずです。私もOneDriveの容量の大部分を占めているのがカメラロールの写真や動画です。特にLumia 1020の。。

無料ユーザについては2016年の始め頃に5GBへ縮小され、通知から90日間は読み書き可能ですが、それ以降の保存先を考えねばなりません。写真といえばFlickrはProアカウントを持っています。このProアカウントは2013年のリニューアル前のものなのでアップロードの容量制限がありません。ならばこちらにLumiaのカメラロールを自動アップロード出来ないかと設定を探してみました。

wp_ss_20151104_0001

やっぱりありました。いつもWindows PhoneからFlickrにアップロードするときに使っているFlickr Centralで自動アップロード先をFlickrに設定出来るようです。本家FlickrのアプリはWindows Phone 7のときにリリースされて以来放ったらかし(しかもUSストアじゃないとダウンロード出来なかったような…)なのでFlickr Centralを使っています。

wp_ss_20151104_0002

アップロードもWi-Fi接続の時にしてくれるようなのでいつの間にかモバイルデータ通信量が増大する心配もなさそうです。自動アップロードする分は公開設定をPrivateにして公開したいものだけPublicに変更すれば良いでしょう。

写真さえ移動してしまえば残りのドキュメントは十分5GBに収まるのでOneDriveは引き続き無料アカウントでよさそうです。
とはいえFlickrのProアカウントも今年新Proアカウントに統合されているので、次回の更新時はこれまでの$25/年から$49.9/年になっちゃうんだよねえ。これだと使う容量によってはOneDriveで容量追加購入したほうが安くあがるかも。
posted by じみニー at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Mac・INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

第44回東京モーターショー2015に行って来ました

PB035683

東京モーターショー2015に行って来ました。

PB035191

ルーカス・ディ・グラッシ選手のパネルとともにFormula Eのマシンの展示がありました。

PB035498

Audiは前回に引き続きWECのマシンが展示されていました。

PB035401

PB035392


MercedesブースはAMG GT3とF1マシン W05が展示。

PB035189

横浜タイヤのブースでは来季から供給が決まったSUPER FORMULAのマシンが展示されています。

PB035577

PB035587

NISSANブースはVision granturismoの展示。これは何重にも人だかりが出来ていて中々写真が撮れませんでした。

PB035329

HONDAブースはNSXの展示。前回の東京モーターショーではコンセプトモデルでしたが今回は市販車バージョンです。

PB035352

もひとつHONDAブースからProject 2&4 powered by RC213V。剥き出しのシートは座ってみたくもあります。

PB035618

MAZDAブースではSPIRIT OF MAZDAとしてコスモスポーツの展示。MAZDAブースではMX-5 Cup Carの展示もありましたが、日本でもCup Carは2Lエンジンを搭載するようです。これで日本でも2LエンジンのMX-5が手に入れられる?

PB035660

PB035653

今回一番見たかったのはMAZDAのRX-VISION、なんですがなんだか埃かぶってたんですけどこれは…。

PB035452

PB035449

PB035450

トヨタ車体のブースではこんなものも。
PB035451

河森正治氏とのコラボレーション。大きさ的にはプチモビみたいな感じ?

MercedesとHONDAはF1マシンを展示していましたし、AudiはWECのマシンの展示と、世界選手権のマシンが展示モデルとはいえ置いてあるのはメーカーの取り組みの姿勢が見えます。Porscheも919 Hybrid持ってきてくれないかなー。そういえばTOYOTAもTS040置いてなかったかな?

今年も東京モーターショー限定トミカを買って帰りました。今年はCX-5とBRZ。今年は駆け足で各ブースを回ってしまったので次回はもう少しゆっくり見たいと思います。

TOKYO MOTOR SHOW 2015 | Flickr - Photo Sharing!
posted by じみニー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

モバイルモニター Gechic On-Lap 1303HでContinuumに夢みる

WP_20151031_08_31_50_Pro

以前から気になっていたGechicのOn-Lap 1303Hを購入しました。On-Lap 1303HはUSBからの電源供給で駆動するモバイルモニター。PCのUSBポートから電源を取ることが出来るので、AC電源のないところでも手軽にデュアルモニター環境が実現出来ます。

GeChic 13インチ On-Lap 1303H|テックウインド株式会社

しかし、今回購入したのはノートPCでデュアルモニター環境を実現するためではなくメインのモニターとして使うためです。何のメインモニターかといえばWindows 10 Mobileの目玉機能ともいえるContinuumをどこでも使えるようにするためです。

WP_20151031_08_35_47_Pro

On-Lap 1303Hはモバイルバッテリーから電源を取り、Windows 10 Mobile端末とDisplay Dockを接続すればContinuum機能をどこでも展開出来ます。Display DockとOn-Lap 1303HはHDMIで接続します。まだWindows 10 Mobile端末はありませんし、LumiaにWindows 10 Mobile insider previewも試していませんがContinuum機能は非常に楽しみです。

ちなみに一番上の写真はWindowsを起動したMacBook AirのサブディスプレイとしてOn-Lap 1303Hを接続してWindows Phone 8.1の画面出力機能を使っているだけなのでContinuum機能とは様子が違います。

WP_20151031_08_38_16_Pro

Be a mobiler.
posted by じみニー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする