iPhone 3Gでの「かな」入力

ハードウェアキーを持たないiPhone 3Gではおのずとソフトウェアキーボードで入力することになります。これまでハードウェアの10キーでのメールに慣れてしまっているので、iPhone 3Gでの「かな」入力は難しいんじゃないかと思ってました。ですがそこはさすがAppleちゃんと考えています。

ITmedia +D モバイル 「iPhoneは電話のあるべき姿を永遠に変えた」

「かな」キーボードの注目機能

 ちなみにiPhone 2.0に関して、インタビュー速報では触れなかったが、新しい「かな」キーボードには実際に触って気付く機能が1つあった。キーの上にしばらく指を載せておくと、その周囲4方向にメニューが現れるのだ。例えば「た」のキーをしばらく押し続けると、その上下左右に「ち」「つ」「て」「と」の文字が現れ、そのため指をずらすだけで1ストロークでも文字入力ができるのだ。これはハードウェアのボタンとしてキーが用意されているこれまでの携帯電話ではできない入力方法で、慣れればすごく便利かもしれない


これは相当「かな」入力が容易になるんじゃないかと思います。実際に触ってみないことにはなんともいえませんが、上下左右に文字が現われるのはソフトウェアキーボードならではですね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック