WIRELESS JAPAN 2010で見てきたモバイルルーター

Wi
イー・モバイルからD25HWことPocket WiFiが発売されてから盛り上りをみせているモバイルルーター。複数の端末を使うときにパケットを使う回線をまとめることが出来て便利なので私もHuawei製のE5830を常用している。WIRELESS JAPANでもいくつか出展されていたのを見てきたよ。

b-mobile Wi-Fi 01

日本通信から発売されているb-mobile WiFi。写真はモックアップだがブースでは説明員が実機を触らせてくれた。ブースのデモ機としてiPadと接続されていた。iPadは日本通信のブースに限らず多くのブースにおいてあった。b-mobile WiFiはインジケーターが4つと薄さ14mmの本体の側面に2つのボタンがあるだけとシンプルに仕上がっている。バッテリーは1500mAhでカタログスペック上での連続使用時間は4時間。充電端子はminiUSB。最大端末接続数は5台。

MiFi

こちらはIIJにブースに参考出展されていたMiFi2372。バッテリーは1530mAhでやはり連続使用時間は4時間。充電端子はmicroUSBが採用されている。またmicroSDスロットを有する。

DWR-PG 01

少しかわったところではPortable WiFiことBUFFALO製のDWR-PGも展示されていた。こちらは上の2機種とは違って、クレードルにLANポートを持っておりクレードルに挿すことで通常のWiFiルーターとして使える。普段は屋内でWiFiルーターとして使い、屋外では3G通信を利用したモバイルWiFiルーターになるというもの。また公衆無線LANが使える場所では自動的に無線LANに切り替えてくれる。同時接続は6台まで。連続使用時間は6時間。

DWR-PG 02

本体じゃなくてクレードルにLANポートがあるというのがおもしろい。

モバイルルーターを携帯電話複数台のパケットをまとめるために使うっていうのはあんまりない用途かもしれないけど、携帯ゲーム機にもWiFiが搭載されてWiFiを使うシーンが増えているのでこれまでよりもユーザが増えているのかな。

WIRELESS JAPAN 2010の写真は Flickrにまとめてアップしておいた。
Wireless japan 2010 - a set on Flickr

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック