SONY XPERIA SX外観レビュー

Xperia SXが届いてからちょっと寝込んでいたのでようやくSXの外観レビューです。
Xperia SX 01

買ったのはオレンジ。3.7インチのqHD(960×540)。4インチ以上がメインになっているラインナップの中で貴重な3.7インチ端末。幅も54mmとかなりスリム。前面はタッチパネルのみでハードキーはなし。ちなみに赤外線ポートは受話口近くのサブカメラの横にあります。

Xperia SX 02

背面。カメラは8MPx。「XPERIA」のロゴの下に見えるのはスピーカー。バッテリカバーの切り欠きかと思ってここからバッテリカバーを開けようとしたのはヒミツ。

Xperia SX 07

左側面はmicro USB端子のみ。

Xperia SX 05

右側面。電源ボタンとボリュームボタン。真ん中に見える切り欠きがバッテリカバーの取り外し部。個人的には電源ボタンが切り欠きの部分にあるとN9やN900と同じで嬉しいんだけれど。

Xperia SX 06

底部。マイクとストラップホールのみでスッキリとしている。縁の上側と下側は微妙に色が違います。

Xperia SX 04

頭頂部。3.5mmのイヤフォンジャックのみ。バッテリカバーにはSO-05Dの印字。バッテリカバーが黒になってるのはキニシナイ。

ボタンの配置は左側面に集中していて使い易い。欲をいえばカメラキーが欲かったくらいかな。本体は95gと軽い。N900に比べると半分くらいの軽さ。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック