Apple Scriptでミュージックライブラリに自動的に追加

Audio Hijackを使ってradikoを録音しています。録音したファイルは自動的にiTunesに追加されるようにフォルダアクションを設定していました。

設定したときの記事は下記のリンクから。
iMac 21.5inch Retina 4Kディスプレイ(2017)セットアップ: jimixi blog

ところがCatalinaにアップグレードしてからこのiTunesへの追加がうまく動かなくなりました。確認してみるとradikoの録音自体は成功しておりファイルも録音時のフォルダには保存されています。結論としてはiTunesがミュージックに名称が変わってしまっていることが原因でした。

これまでは「iTunes」を呼び出すことでiTunesライブラリに追加していたのですが、今回のアップグレードで「ミュージック」と名前を変えているため呼び出すアプリケーションも当然「ミュージック」に変更する必要があるのです。

早速スクリプトのiTunesの部分をmusicに書き換えたところ無事、録音終了後に自動的に「ミュージック」のライブラリに追加されることを確認しました。
「再生位置を記憶」オプションもオンになるように書いてるんだけど、そっちは上手くいってない気がするがとりあえずヨシ。

この記事へのコメント