iPhoneの A2DP補完計画(SBT01)

iPhone脱毛計画改め、A2DP補完計画。計画第2弾のブツがローソンに到着したよとAmazonからメールもらったので休みの今日受け取ってきました。

で、受け取ったのはシグマA.P.Oシステム販売のSBT01。iPhone/iPod touch,iPod nano 2G 3G 4G,iPod classic対応のBuletoothアダプタ。思っていたより小さくていい感じ。重さは4.5g(軽い!

SBT01_01


CDケースみたいなのに入ってます。裏面は音楽CDと見間違える。

SBT01_02


iPhoneがA2DPに対応していないのでこいつがそれを補完してくれるというわけ。AVRCPにも対応してるのでレシーバーによってはiPodのコントロールも可能。

早速、前回のJabra BT3030とペアリングしてみます。

SBT01_04


BT3030をペアリングモードにするため電源ボタンを4秒間長押し。Jabraのロゴが青く点灯します。次にSBT01をiPhoneにドッキング。そのままiPhoneで音楽を再生します。するとSBT01のLEDランプが速く点滅。数秒後にはペアリング完了!BT3030から音楽が流れ始める。

BT3030はAVRCPにも対応してるのでiPodのコントロールが可能。再生/停止,トラックの送り/戻り,早送り/早戻し,音量の調整などほとんどのことができる。これでiPhoneはカバンの中に入れておいても音楽が聴ける。

ワイヤレスで音楽が聴けるっていうのは一度体験するとヘッドフォンのコードがわずらわしく感じちゃう。とくにiPhoneは携帯電話だから操作することも多いからコードが出ているのは余計に邪魔だったりする。
今回SBT01とJabra BT3030の組み合わせでiPhoneで快適なBuletooth生活が送れるようになった。

ただしSBT01はiPhoneから電源を取るのでiPhoneのバッテリの減りは今までよりも短くなる。さらにドックコネクタに接続するので充電中は使えない。何かを接続するにはドックコネクタしかないから仕方が無いんだけど。夕方にはeneloopで充電しながら使っている私としてはちょっと困る。充電中は今までどおりイヤフォンをつなぐしかない。

ともあれこれにてiPhoneのA2DP補完計画完了!

"iPhoneの A2DP補完計画(SBT01)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。